【ららぽーと和泉】閉店が多い理由7選が衝撃?閉店ラッシュの真相がヤバすぎた!

未分類

大阪府の和泉市にある三井不動産運営の「ららぽーと和泉」は、和泉市民にとっては重要なショッピングモールの1つとして知られています。

しかし最近になって、ららぽーと和泉のテナントの閉店が加速していると密かに話題となっていることがわかりました。

今回は、そんなららぽーと和泉のテナントの閉店が多い理由と、その真相について解説していきます。

ららぽーと和泉の店舗が多数閉店!閉店した理由6選!

大阪府和泉市にあるららぽーと和泉は、大阪府初のららぽーととして2014年にオープンしました。

週末を中心に多くのお客さんを集めているららぽーと和泉ですが、2019年の終わり頃からテナントの閉店ラッシュが続いていて、利用者を困惑させています。

ここからは、テナントが閉店した理由を6つ解説していきましょう。

ららぽーと和泉の店舗が多数閉店!

2019年頃から、ららぽーと和泉店の店舗の閉店ラッシュが始まったと一部ネット上で騒がれるようになりました。

なんとその時は、一度に10店舗以上が閉店するなどして利用者を困惑させたのです。

オープンからわずか5年ほどで、一体何が起きているのでしょうか?

ここからは、考えられる理由を紹介します。

理由①ららぽーと和泉がリニューアルした

閉店した店舗が多かった理由の1つとして、ららぽーと和泉自体のリニューアルが考えられます。

大型ショッピングモールでは、お客さんを飽きさせないために数年に1回大幅なリニューアルを行うのが普通です。

ららぽーと和泉は、2020年の春にかけて大規模なリニューアルを行いました。

2019年頃の閉店ラッシュも、それが原因ではと考えられます。

理由② 周囲にお店が充実?

ららぽーと和泉の閉店ラッシュの理由として、周囲にお店が充実していたことが推測されてます。

しかしららぽーと和泉は阪和自動車道沿いに位置していて、周辺は工場などが多く建つ工業地帯です。

近隣の大通りにロードサイド型飲食店はありますが、店舗がそこまで充実しているわけでもないので、ららぽーと和泉に行った方がいいのではないでしょうか。

少なくても、この理由に関しては思いあたりません。

 理由③ららぽーと和泉と店舗のテナント契約期間が満了した?

3つ目の理由としては、店舗とのテナントの契約期間が満了したことが考えられます。

一般的に、ショッピングモールのテナントの契約期間は平均2年〜3年と言われているそうです。

なので閉店ラッシュが起こったのは、契約期間満了のお店が同時期にたまたま集中してしまったのが考えられます。

理由④ららぽーと和泉のテナント料が高額だった?

4つ目の理由は、ららぽーと和泉のテナント代が高額だったということが考えられます。

ららぽーと和泉がどのような方式をとっているかはわかりませんが、テナント代を安定して支払うにはそれなりの売り上げを稼がなければ難しいのは事実です。

売り上げの見込みが無く、テナント料の支払いが難しいことで店舗を撤退するということは、ショッピングモールでは日常的にあります。

各店舗によって事情が異なるので、これを閉店ラッシュと結びつけるのは少し無理があるかもしれません。

理由⑤ららぽーと和泉がターゲットを拡大するため?

他の理由としては、ららぽーと和泉がファミリー層の拡大を考えているとではないかと推測されます。

消費者の傾向は時代によって変わっていくので、時代を読んで素早く新たな展開を打つのはある意味当然のことです。

突然起こった閉店ラッシュも、ファミリー層向けのお店を新たに誘致しようとしてのことなのかもしれませんね。

こうした事には失敗のリスクも付き物ではありますが、もしこれがうまく行ったらどのように変わっていくのか逆に楽しみです。

理由⑥ららぽーと和泉はイメージを一新させたかった?

最後に考えられる理由としては、これまでのイメージを一新させたかったという願いがあったのではということが考えられます。

同じような店舗で何年も変わらないようでは、当然飽きが生まれてお客さんも来なくなってしまう恐れがあるかもしれません。

元々ファミリー層をターゲットにしていたモールなので、それまで以上にお店を充実させて、ファミリー層によりアピールできるお店を増やそうという考えがあったと思われます。

また周辺にはコストコや、多くの飲食店など競合店舗もいくつかありますので、それらに負けない盤石の体勢を固めるためなのかもしれませんね。

ららぽーと和泉が閉店?今後可能性はある?

このように、閉店ラッシュが続いたことによって逆にららぽーと和泉自体が閉店してしまうのでは?という心配の声もありました。

あれだけの大型モールなので、簡単には閉店することは無いと考える方は多いと思いますが、最悪のことを想定してしまう人も中にはいるかもしれません。

ここからは、ららぽーと和泉が今後閉店する可能性について色々考えていきます。

ららぽーと和泉は閉店した?

結論から言いますが、ららぽーと和泉は閉店していません。

ららぽーと和泉のHPを見ていても、モール自体の閉店に関する文面はどこにもありませんでした。

よって、ららぽーと和泉自体がすぐに閉店となることは考えられないと言えるでしょう。

阪和自動車道のICの近くにあり、公共交通機関を利用する場合でも最寄り駅からバスで15分と交通アクセスの良い場所に位置するなど立地も良いので、すぐに閉店することはまず考えられません。

店舗の変化は激しくなっても、ららぽーと和泉自体は変わらず営業を続けていくことは確実です。

ららぽーと和泉が今後潰れる可能性がある?

正直言って、ららぽーと和泉が潰れる可能性は低いと考えられます。

ららぽーとは、2020年に大規模なリニューアルを行いました。

あれからまだ3年しか経過していないのに、いきなり潰れてしまうということはまず考えられません。

なので今後も潰れることは無く、和泉市を代表するショッピングモールとして今後も機能し続けることでしょう。

ららぽーと和泉の閉店セールがヤバかった?

2019年にリニューアル目的でららぽーと和泉の店舗が多く閉店した際には、閉店セールがかなりヤバかったことがわかりました。

こちらのポスターに表示されているだけでも、合計18店舗に及んだのですから中々凄いことになったと想像できます。

しかも名前が書いてある店舗は、大型ショッピングモールでは欠かすことのできないお店ばかりでした。

さらに真下には「and more」と書かれていますので、閉店した店舗はもっとあるのではと思いますね。

アメリカ生まれのライフスタイルブランドでおなじみのノーティアムが2020年に閉店した際には、お洒落なバッグや小物類が最高70%オフで販売されていました。

また2016年頃にお店を構えていたGAP傘下の「オールドネイビー」というお店も、閉店時に50%〜70%セールを行っています。

このように、ららぽーとの店舗で閉店セールが行われる際には、ありえないくらいのディスカウントがされるようです。

なので、掘り出し物をお探しの方にはおすすめと言えますね。

ららぽーと和泉は2020年にリニューアルを行い現在も営業中!

今回は、大阪府和泉市にあるららぽーと和泉店のテナントの閉店ラッシュの理由や、その真相について解説してきました。

ららぽーと和泉で閉店が相次いだのは、2020年に大規模なリニューアルが行われたのが理由です。

大規模リニューアルから3年が経過しましたが、ららぽーと和泉は現在でも変わらず営業をしています。

今後、ららぽーと和泉がどのように変わっていくか楽しみですね!