ウォンバットが人懐っこいのはなぜ?理由3選と甘えん坊なのはなぜ?!

未分類

オーストラリアが生息地であるウォンバットは、ふわふわしたかわいい動物で人間にも懐っこくてとても愛らしいですよね。

でもウォンバットが人懐っこいのは、なぜなのだろうと疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

そこで今回はウォンバットが人懐っこいのはなぜなのかについて、理由3選にまとめました

また、そんな愛らしいウォンバットをペットで飼えるのかや、実際に日本で会える場所はあるのかについてもまとめましたので、最後までお付き合いください。

ーこの記事でわかることー
・ウォンバットが人懐っこい理由について
・甘えん坊ちゃんなのか

ウォンバットが人懐っこいのはなぜ?理由3選が可愛い?!

ウォンバットが人懐っこいというのはテレビなどで見たことがある人も多いと思います。

人間に抱っこされている姿や、動物園の飼育員さんについて行ってる姿など、人懐っこい印象がありますよね。

では、ウォンバットが人懐っこい理由はなぜなのかを解説していきます。

寂しいとうつ病にもなるとも言われていますので、そちらも解説していきます。

ウォンバットが人懐っこい理由はこの3選です。

  • 極度の寂しがり屋
  • 人間に対する警戒心が薄い
  • 甘えん坊で抱っこが大好き

順番に解説していきます。

人懐っこい理由①極度の寂しがり屋

ウォンバットは極度の寂しがり屋です

以前オーストラリアで保護されたウォンバットを野生に帰そうとしたところ、人間のもとに戻ってきたという話があるぐらい、とても寂しがり屋です。

このエピソードからもウォンバットの人懐っこさが伝わってきますね

飼育員さんに構ってほしがって離れない動画がありましたのでご覧ください。

人懐っこい理由②人間に対する警戒心が薄い

ウォンバットはもともと警戒心が薄い生き物なので、人間に対しても特別警戒心を持ったりはしないようです。

ウォンバットはオーストラリアのオセアニア地域が生息地ですが、この辺りは外敵が少ない地域です。

野生のウォンバットに人間が近づいて行っても、怖がらずに近寄ってくるそうです。

生まれ育った環境がウォンバットの警戒心を薄くさせ、人間にも懐っこいのでしょう。

人懐っこい理由③甘えん坊で抱っこが大好き!

ウォンバットは甘えん坊で抱っこされるのも大好きです。

人が近くにいると抱っこしてもらうまで、足元にくっついてきます。

お腹や背中を撫で撫でしてもらうのも大好きなようで、本当に甘えん坊な動物ですね。

甘えん坊の様子の動画を載せておきますね。

ウォンバットは寂しがりでうつ病になることも?!

ウォンバットはかなりの寂しがり屋で、オーストラリアではうつ病になった例もあります。

2011年、ウォンバットが住んでいたオーストラリアの自然保護区が大型サイクロンで破壊され、8週間の閉鎖となり観光客が来れなくなりました。

観光客との温かい交流を奪われたウォンバットは、うつ状態に陥りその年に亡くなったとあります。

このニュースは世界で衝撃が走り、たくさんの人が悲しみました。

ウォンバットを甘やかすと寿命が延びる?

ウォンバットを甘やかすと寿命が延びると言われています

野生で暮らすウォンバットの平均寿命は5年〜10年程で、10年を超えると長生きしているほうです。

一方、飼育化で育てられたウォンバットの平均寿命は15年〜25年と言われています。

30年を超えて生き続けたウォンバットもこれまでに何匹も報告されています。

もちろん飼育化では天敵がいないことや、食事管理や健康面にも配慮されているでしょうが、人間の飼育環境で寿命が延びたと聞くと嬉しいですね

 

 

 

ウォンバットが人懐っこいのはなぜ?理由3選と可愛すぎる?!

ウォンバットの人懐っこさについて、理由3選でまとめてみました。

ウォンバットの人懐っこさは、生まれ育った環境からの影響が強いようです。

生息地であるオセアニアは外敵が少なくて、そのため人間に対しての警戒心が薄いのです。

またウォンバットはもともと孤独が嫌いで、人間を「自分の仲間」だと感じているようです。

それほど寂しがりやで人間との交流が大好きなウォンバットは、飼育されて長生きするようです。

日本ではペットとして飼えませんが、2か所の動物園が飼育されてるので、機会があれば実物のかわいいウォンバットに会いに行くのもいいですね。

人間に甘えて寿命が延びるのなら、たっぷり甘えさせてあげたいですね。