上川陽子がすごいと言われる理由11選!SPの数や死刑執行数が歴代最多ですごい?

未分類

皆様、上川陽子さんはご存知でしょうか?

政治に詳しい方ならわかるように、岸田文雄政権で2023年9月に外務大臣に就任しました。

法務大臣の経験が長い上川陽子さんですが、2018年のオウム真理教の裁判で、死刑が確定した死刑囚の死刑執行が歴代最多を更新しています。

法務大臣退任後もSPの警護が必要とされる終身警護対象者であるなどその仕事ぶりがすごいと言われています。

この記事では上川陽子さんの学歴や経歴、実家ではどのような教育を受けたのかその人物像にせまりました。

また夫や娘との関係なども、気になるところではありますね。

それでは、上川陽子さんのすごいと言われる理由を深堀していきます。

上川陽子が外務大臣就任!日本の外交はよくなる?

上川陽子さんは東京大学(国際関係論)を卒業後、三菱総合研究所研究員を経て、ハーバード大学で政治行政学修士号を取得しています。

米上院議員の政策立案スタッフを務め、帰国後、政策コンサルタント会社を設立するなど国際派の政策派で知られています。

岸田文雄首相はそんな豊富な国際経験を理由に、第二次内閣構造改革で上川陽子さんを外務大臣に起用しました。

その期待は大きく「日本の存在感を示す」とすぐに国際連合で外交デビュー

彼女の仕事ぶりが外国との友好関係を深め、私たちがより安心して豊かな生活を送ることができるようになることを願う方も多いのではないでしょうか。

上川陽子のプロフィール

1953年3月1日、静岡生まれで現在の年齢は70歳です。

2000年に衆議院総選挙で静岡1区で初当選し、現在は自由民主党幹事長代理、自由民主党静岡県第一選挙区支部長を務めています。

  • 2004年 自由民主党女性局長主任
  • 2005年 総務大臣政務官就任
  • 2006年 自由民主党政務調査会副会長就任
  • 2007年 内閣府特命担当大臣就任
  • 2008年 初代公文書管理担当大臣就任
  • 2013年 総務副大臣就任
  • 2014年 第95代、96代法務大臣就任
  • 2017年 第99代、100代法務大臣就任
  • 2020年 第104代法務大臣就任
  • 2021年 自由民主党幹事長代理就任

そして仕事だけではなく趣味も合気道、日本舞踊、ラジオ体操、合唱、神輿担ぎなど多種多様に取り組んでおられるのもすごいですよね。

上川陽子がすごいと言われる理由11選!

これまでの実績は20年にも及び現在も年齢を感じさせない仕事ぶりは「鵬程万里(ほうていばんり)高く理想をかかげ、遠くを見つめるまなざしを忘れない」という好きな言葉があるからのようです。

若い頃に政治の世界を目指すきっかけにもなったこの言葉がモチベーションにあるのではないでしょうか?

数々の経歴やその仕事ぶりから上川陽子さんのすごいと言われる理由をそれでは見ていきましょう。

①死刑執行数が歴代最多ですごい!

法務省が死刑執行について公表を始めた平成10年11月以降で、死刑執行数が最も多かったのは、故鳩山邦夫さんの13人でした。

上川陽子さんは安倍政権時の法務大臣時代に一連のオウム真理教の事件で麻原死刑囚を含む16人の死刑執行命令を下し、歴代最多となりました。

これだけの数をこなすのは精神的にも体力的にもきつく、命を扱う非常に重大な仕事であることは間違いありません。

死刑執行後にこう語っています。

「死刑は大変重い刑罰であり、その意味で一点の曇りもなく、まっすぐに澄み切った気持ちでことにあたった。慎重にも慎重な検討を重ねた上で対応したということに尽きる。」

上川陽子さんの人となりが伝わる言葉であり、その意志の強さが伺えますね。

②SPの数がすごい!実家にも常駐?

静岡市にある上川陽子さんの実家周辺には、厳重な警備体制が敷かれています。

自宅裏の駐車場には警察車両が常駐し、2名の警察官が24時間態勢で警備を続けています。

麻原死刑囚の死刑執行後は、警察官がパトロールをし、私服警官も配置しています。

オウム真理教事件はまだ終わったわけではないので、死刑の報復に出る可能性は十分にありえることからその家族、親、夫、娘、孫もいるので全員が生涯警護対象になります。

鳩山邦夫さんでさえ生前に、オウム死刑囚の執行は躊躇すると漏らしていたほどなので上川陽子さんのすごさが分かりますね。

③学歴がすごい!ハーバード大学で修士号取得!

上川陽子さんは東京大学の教養学部で国際関係論を専攻しました。

当時は政治には全く興味をもっていなかったそうですが、卒業論文のインタビューで政治について話を聞く機会があって政治に興味が出たそうです。

大学卒業後は三菱総合研究所に入所し,研究員として幅広い業務のコンサルティングを行いサービスを提供してきましたが、情報化時代を先取りする米国で勉強し、日本で役立てたいと考え、留学を決意。

ハーバード大学ケネディースクール(公共政策大学院)に留学し、政治行政修士号を取得しています。

ケネディースクールは公共政策や国際開発について学べる世界最高峰の大学院として有名で世界中からトップレベルの留学生が集まり、そのレベルは言わずもがなです。

選考基準は面接で決まり、その資格も一つに突出した知識と経験が必要であり上川陽子さんの実力のすごさは折り紙付きと言えます。

また当時はまだケネディースクールも新しかったこともあり日本人女性としては初めてだったそうで、これもすごいことと言えますね。

その後、政治の世界に進むことのなったのも、留学時代に日本の改革の必要性を世界を見て痛感したからだと言っております。

④職歴がすごい!35歳で企業の代表取締役に就任!

上川陽子さんはハーバード大学を卒業後、米国議会のマックス・ボーカス上院議員の政策スタッフとして務め、大統領選挙運動にも参加していました。

帰国後は政策コンサルティング会社「株式会社グローバリング総合研究所」を設立し、代表取締役に就任。

仕事内容は官公庁を中心とした公的機関から委託を受けて、冷戦後の国際情勢やエネルギー、環境問題について分析し、政策面で助言するという内容です。

テーマは幅広く、女性の社会進出などにも積極的に取り組み、自信の好奇心旺盛な性格が影響していると言っています。

これは母親の教育の影響が大きく「やればできるんだからやりなさいね、女性も活躍できるんだから」という言葉で育ったからだそうです。

上川陽子さんの母親は戦争で教育が受けられない時代だったので、娘にはそういう思いをさせたくなかったと語っています。

しかし、この行動力と実行力は本当にすごいことでなかなかできる事ではありません。

⑤政治家としての実績がすごい!51歳で自民党女性局長に就任!

上川陽子さんは2000年に静岡1区で衆議院選挙で初当選を果たします。

政界進出の理由は留学時代の経験から来ています。

2004年には自由民主党女性局長就任「子どもHAPPYプロジェクト」推進。

少子化問題、教育再生、女性の問題など、子どもたちを取り巻く様々な問題に取り組み、政策提言をし、より良い制度作りに貢献されています。

自由民主党女性局は女性ならではの視点で政治、政策を考えその実現のために行動しています。

上川陽子さんから着実に受け継がれて今の姿があってすごいですね。

⑥業務量がすごい!粛々と仕事をこなす!

法務大臣時代は、オウム死刑囚の死刑執行を命じる大役で歴史に名を刻み、初代公文書管理担当大臣時代は行政文書管理の仕組みづくりに取り組み、女性局の改革にも貢献しました。

もともとは公共政策に興味のあった上川陽子さん、そして政策を政治家たちと一緒に作っていくビジネスを立ち上げ、仕事をしていくなかで、日本の社会を変えるには政治の道に進まないといけないと考え始めました。

知名度がないので初当選するのには7年半かかり、地道に一人一人と触れ合ったそうです。

娘さんも手伝い、家族の支援あっての当選です。

そして、そんな草の根運動を経験してきたからこそ、支援者の方への感謝の心であったり、地元愛が強く現場の声を大切にし、持ち帰っています。

草の根活動を徹底する仕事ぶりが今までの経歴、業務量に当たるのではないでしょうか。

川上陽子さんはエリートですが、すごい考えと行動力をお持ちです。

着実に仕事をこなし、実績を積んで、この度の要職である外務大臣に就任されました。

上川陽子さんが目指す政治とは歴史と文化に根ざした信頼される国をつくりたいそうです。

⑦英語力がすごい!ネイティブレベル!

上川陽子さんの英語のスピーチを聞いてみると、非常に滑らかに言葉を発しているという印象を持つ方も多いでしょう。

もともと英語力のある方で、高校時代に習ったときに留学を勧められるほどすごい英語力をお持ちのようです。

ハーバード大学に入学するのにも求められる英語力の高さは相当のレベルが必要ですし、留学生活ではほぼ英語しか使えないことを考えると、自然に身についていったのかもしれません。

ネイティブレベルかどうかはわかりませんが、これからは外務大臣としていかんなくその英語力を発揮していくのではないでしょうか。

アイスランドで開催された「レイキャビク・グローバル・ホーム2023」での上川陽子さんのビデオメッセージです。

⑧年齢がすごい!2023年10月現在で70歳!

上川陽子さんの70歳とは感じさせない見た目に驚く方も多いでしょう。

そして、地元を愛する人柄が顔ににじみ出ていてお美しいですね。

若い頃から今もお変わりなく何か健康の秘訣はあるのでしょうか。

議員時代は健康のためにウォーキングをしていたそうですが、好奇心旺盛な性格であることや、党人生100年時代戦力本部の本部長を務め、女性の健康リスクなどにも取り組んできたからでしょうか。

健康で働くことに意識が強かったのかもしれませんが、多趣味でいらっしゃいますから。

本当にお若く見えますし、元気で働く姿はすごいです。

何歳まで仕事を続けられるのか、今後も気になるところではあります。

⑨夫がすごい!元日本銀行福井事務局長!

上川陽子さんの夫は、元銀行職員の上川卓苗さんです。

上川陽子さんとは大学のクラスメートで知り合っていました。

お二人とも東大卒とはすごいですよね。

上川宅苗さんは経歴もすごく、日本銀行に勤め、2007年には福井事務局長を務めています

ちなみに長女の学歴もすごく、エリート一家です。

上川卓苗さんは現在は退職されており、上川陽子さんの仕事のよき理解者であり、選挙活動の手伝いをして支えているそうです。

お人柄も素晴らしい方ですね。

⑩子育てがすごい!娘2人は布おむつを使用!

上川陽子さんはキャリアウーマンの時に第一子を出産されています。

当時は働きながらの子育ての環境は整っておらず、今より女性が働くことに対して周りは良い顔をしない時代であったため、働きながら育てることに後ろ指をさされたくなくて肩肘を張っていたそうです。

そのため一人目の時は、後ろめたさから紙おむつではなく、布おむつを使っていたそうです。

洗濯の苦労をファブラスで「若い頃の自分は馬鹿なことをしていたこと」を語っていました。

二人目のときは紙おむつを使ったそうです。

⑪趣味がすごい!日本舞踊の名取!

川上陽子さんは多趣味でおられますがその中でも日本舞踊の腕前に長けていて、名取を取得されています。

名取とはその名の通り、流派の名前を名乗ることができるという事です。

技能も知識も一定以上のレベルがあるとみなされますので、門下生に教えることもできますし、一門の名前で活動することができます。

取得するのに7~8年はかかるそうですが、趣味の腕前も本格的な上川陽子さんはすごいです。

19年ぶりの女性外務大臣のこれからに期待!

上川陽子さんの経歴を見てきました。

やりたいことをやるためにはどうしたら良いか考え、夢を見るだけでなく、どのように考えて行動して、そして必ず実現させる彼女の精神はお手本にしたいところです。

これから外務大臣として上川カラーを発揮していけるかどうか、今後の動向も見ていきたいですね。

きっとハーバード大学の留学の経験を武器に外国との良好な関係を築いていかれるのではないでしょうか。

ぜひ期待したいです。

上川陽子さんのご活躍を願ってまとめとさせていただきます。

最後までお付き合いくださりありがとうございます。