新しい学校のリーダーズの結成理由が意味不明?売れないや解散理由がヤバすぎる?

未分類

4人組ダンス&ボーカルユニット新しい学校のリーダーズが2023年紅白歌合戦に出場を果たしました。

新しい学校のリーダーズの楽曲「オトナブルー」のキャッチーなリズムとコミカルなダンスがTikTokでバズったのがきっかけとなり、若者を中心に注目を集め始めました。

初めは彼女たちの見た目、立ち振る舞いに圧倒されるものの中毒性のある楽曲に引き込まれるかたも多いでしょう。

いまではテレビや雑誌でも頻繁に取り上げられるようになり、国内外でも反響を呼んでいます。

新しい学校のリーダーズは2015年にSUZUKA、KANON、RIN、リーダーのMIZYUの4人で結成されました。

世間で注目を浴びる彼女たちは何者なのか?

今回は新しい学校のリーダーズの結成理由や売れない時代、なぜ人気なのかや噂の解散報道について解説していきます。

新しい学校のリーダーズの結成理由とは?何者?

今年に入って「オトナブルー」がTikTok再生回数30億越えで一気にブレイクしました。

新しい学校のリーダーズは2015年に結成されたのですが、世間に認知され、ブレイクするまでは売れない、長い道のりがあったようです。

こちらでは新しい学校のリーダーズの結成理由や新しい学校のリーダーズの特徴についてお伝えしていきます。

新しい学校のリーダーズの結成理由とは?MIZYUがコメント?

リーダーのMIZYUさんがインタビューであたらしい学校のリーダーズの結成理由をこう答えています。

時代に合わせて四方八方から集まったんです。

そこで4人が小指をつなぎあわせてんです。

引用:2023年5月7日放送「シューイチ!」

このように彼女たちの結成理由を彼女たちらしい理由で語られています。

別のインタビューでは、結成理由について「4人が交差点ですれちがった瞬間に結成した」「新しい時代の風によばれた」など彼女たちらしいコメントを残しているようですね。

しかし、正式な結成理由がなかったため2023年5月5日放送のラジオ番組でリスナーから募集し、

スーパーのお惣菜売り場で、4人同時に半額のおかずに手を伸ばして知り合った

に公式な結成理由として決定しています。

新しい学校のリーダーズが結成されたのはいつ?

彼女たちが結成し、活動を始めたのは2015年です。

当時SUZUKA、KANON、RINは中学2年生、MIZYUは高校2年生という全員が学生のときに結成されています。

ブレイクしたのは2023年ですから、8年の下積み時代がありデビューしてすぐに売れたわけではありませんでした。

結成された2015年はBiSHやBABYMETALなどの個性的なキャラクターを持ったダンス&ボーカルユニットが大人気のころでした。

新しい学校のリーダーズの特徴とは?何者?

それでは、新しい学校のリーダーズとは何者なのか。

新しい学校のリーダーズのグループコンセプトは、

「模範的なヤツばかりが評価されるこの時代、くだらない不寛容社会から、個性と自由ではみ出していく」

という社会風刺を含んだもので、グループ名にある「新しい」を予感させるものです。

まら、彼女たちが戦闘服と呼ぶセーラー服と「青春日本代表」の文字が書かれた白いハイソックスがトレードマークです。

このハイソックスは人気が高く、新しい学校のリーダーズのオフィシャルサイトで販売されていましたが、売り切れが続出しており現在購入できないようです。

また販売されることを待ちましょう。

グループコンセプトと衣装からも分かるように個性を通り越してかなりクセの強いキャラクターを売りにしています。

新しい学校のリーダーズの結成理由!なぜ人気で魅力とは?

グループの結成理由が意味不明と思われがちですが、彼女たちなりの結成理由はあるようです。

ブレイク中の新しい学校のリーダーズの魅力とはなんでしょう。

多くの若者の注目をあつめる新しい学校のリーダーズは、どのグループよりも独特の世界観がありパフォーマンスがぶっ飛んでいると話題です。

独特の世界観を持った彼女たちがなぜ人気なのか魅力についても解説していきます。

魅力①独特なダンス!振り付けはメンバーが考えた?

新しい学校のリーダーズの4人の彼女たちは幼い頃から厳しいダンスのレッスンを受けてきています。

TikTok再生回数30億超えの「オトナブルー」首振りダンスの振り付けは彼女たちによるものです。

独特の世界観だけでなくダンスと歌唱力のクオリティの高さも彼女たちの魅力です。

物おじせず楽しそうに歌って踊る彼女たちを見て多くの視聴者も楽しい気持ちになるのでしょう。

魅力②海外でブレイク!海外でも人気!88risingと契約!

2021年に新しい学校のリーダーズはアメリカに拠点を置く88risingと契約し世界デビューを果たしました。

「オトナブルー」を配信した翌年のことでした。

彼女たちのTikTokのフォロワーは約600万人いる9割が外国人で、日本より先に海外でブレイクしたようです。

海外のファンは彼女たちの高いパフォーマンス力とキャラクターに魅了されたのでしょう。

魅力③メンバーが個性的!

1889年~2002年生まれの全員が20代です。

メンバーはSUZUKA、KANON、RIN、MIZYUの4人で「青春日本代表」をテーマにセーラー服でのパフォーマンスは一度見たら忘れられないインパクトを与えます。

順を追ってメンバーたちが何者かを見ていきましょう。

新しい学校のリーダーズのメンバー①SUZUKA・子役だった?

  • 本名:金沢 涼花
  • 生年月日:2001年11月29日
  • 出身地:大阪府
  • 身長:168cm
  • 好きな食べ物:なめろう、山芋

引用:Wikipedia

SUZUKA(すずか)の本名は金沢涼花です。

ステージ上にて奇行を見せる場面が多数、主にリードボーカルを担当しています。

トレードマークの眼鏡は伊達メガネで、レンズは入っていないそうですね。

一部では眼鏡姿が南海キャンディーズの山ちゃんに似ているとされ、実際に共演した際に眼鏡の交換をしてファンを沸かせていました。

SUZUKAが眼鏡をしていない姿は可愛らしい印象でSNSでも「かわいい」「眼鏡で隠しているのか」といったコメントが多数ありました。

子供のころは「キャレスボーカル&ダンススクール京橋校」に通っており、歌って踊ってお芝居もするアイドルユニット「crash×beat」に所属していました。

このダンススクールはSCANDAL、E-girlsやLittle Glee Monsterのメンバーが在籍していたことでも有名なスクールです。

「お芝居もする」というコンセプトであったため、子役というキーワードで検索されがちですが役者としての活動歴はないようです。

▼動画の青い衣装がSUZUKAです。

このころすでにダンスのキレや表情管理など大人顔負けの上手さで際立っており、現在のパフォーマンスの片鱗が見られるのではないでしょうか。

新しい学校のリーダーズのメンバー②KANON

  • 本名:木村 カノン
  • 生年月日:2002年1月18日
  • 出身地:群馬県
  • 身長:155cm
  • 好きな食べ物:マンゴー

                                                            引用:Wikipedia

KANON(かのん)の本名は木村カノンです。

KANONは綺麗でミステリアスな顔立ちとワンレンロングヘアが印象的であり、主にSUZUKAを肩車担当をしています。

  1. 本名の「カノン」がカタカナ表記
  2. 目鼻立ちがしっかりしている
  3. エキゾチックな顔
  4. 個人のXへのコメントに外国人が多い

などの理由から一部でハーフ説があるようですが、真偽のほどは不明でした。

滑らかなターンなどクラシック系ダンスを得意とし、肩車できるほどの足腰の強さをもっているそうです。

実は新しい学校のリーダーズとして駆け出しのころである2016年、モデルとしても活動していたようです。

このころ中学3年生であるKANONは可愛らしさもありますがすでに大人っぽさがあり、現在のKANONを思わせますよね。

新しい学校のリーダーズのメンバー③RIN

  • 本名:非公開
  • 生年月日:2001年9月11日
  • 出身地:埼玉県
  • 身長:155cm
  • 好きな食べ物:茄子

                                        引用:Wikipedia

RIN(りん)の本名は公開されていませんでした。

JaywalkerのZoo-zooさんに影響を受け、ヒップホップにハマったようでヒップホップダンスが得意

ラップパートやDJを担当することも多いそうです。

RINはぱっちりとした目が印象的であり、他のメンバーとは対照的によく髪形を変えることでも有名。

▼RINの髪型遍歴の一部です。

現在の髪型はパーマとサイドを刈り上げたツーブロックです。

SNSでは「憧れる」「かっこいい」といったコメントが多くあり、男女問わず人気を博しています。

新しい学校のリーダーズのメンバー④MIZYU

  • 本名:石井 美月
  • 生年月日:1998年12月22日
  • 出身地:東京都
  • 身長:151cm
  • 好きな食べ物:もやし

                                                            引用:Wikipedia 

MIZYU(みじゅ)の本名は石井美月です。

新しい学校のリーダーズの最年長でリーダーです。

MIZYUは自身のツインテールにこだわりを持ち、デビュー以来一貫した髪型を貫いています。

@a_ag_mi

#新しい学校のリーダーズ #atarashiigakko #mizyu #rin #kanon #suzuka

♬ オリジナル楽曲 – あみ – あみ

また新しい学校のリーダーズ結成前は、きゃりーぱみゅぱみゅのバックダンサー・二代目きゃりーキッズとして約2年ほど活動していました。

現在新しい学校のリーダーズで取り入れられるコミカルなダンスはこういった経験からきているのかもしれませんね。

新しい学校のリーダーズに解散報道?!解散理由とは?

大ブレイク中にもかかわらず新しい学校のリーダーズに解散の噂が出ているようです。

ブレイクしている彼女たちがなぜ?売れているのになぜ?と思われるかたも多いでしょう。

不仲説なども囁かれているようですが本当のところはどうなのでしょうか。

こちらでは解散理由について深掘りしていきます。

しい学校のリーダーズに解散報道?!解散理由は不仲?

新しい学校のリーダーの解散理由がにメンバー同士の不仲ではないかと噂されているようですがメンバー間の関係は極めて良好であるようです。

彼女たち4人は、日本では売れない時期がありました。

アメリがで共同生活をしていたこともありお互いの信頼も厚く、常に4人で相談しあって8年間を突っ走ってきたそうです。

4人の関係性があるからこそどんどんパワーアップしていったのですね。

どの写真を見ても楽しそうで仲の良さが伝わってくるようです。

解散理由は活動期間が長いから?

解散理由がいろいろと噂されていますが、今のところ解散は無いようです。

新しい学校のリーダーズは2015年に結成して8年間活動をしていましたがなかなか売れない時期がありました。

活動期間が長いにもかかわらずブレイクするまでは日本での知名度が低かったことが、人気がない、売れていないと思われていたのでしょう。

同時期にデビューしたBiSHが最近活動を終了したことも、新しい学校のリーダーズ解散理由の一因のようです。

パフォーマンスが下品との声も?

新しい学校のリーダーズのクセの強いキャラクターや独特の世界観が長らく日本ではなかなか受け入れられませんでした。

彼女たちの突き抜けたパフォーマンスが「下品」「気持ち悪い」などとネット上でつぶやかれるほどでした。

しかし、はじめは抵抗があった人でも後からだんだんとハマる人が続出していきます。

日本でも最終的には、新しい学校のリーダーズの高いパフォーマンス力が認められたのでしょう。

しい学校のリーダーズは順調に活動中!

1年で圧倒的な活躍をみせた人をたたえるアワードで、新しい学校のリーダーズはブレイクスルー・アーティスト賞を受賞。トロフィーを手にしたSUZUKAは、「本当に青春日本代表として胸がアツアツでございます。光栄の極みでございます」と感激。MIZYUは「こんなすてきなレッドカーペットを歩かせていただく機会が来るとは思っていなかった」と笑みがこぼれた

引用:スポーツ報知

この1年で新しい学校のリーダーズは大ブレイクし、圧倒的実力で日本のファンを魅了しています。

売れないと言われていた新しい学校のリーダーズは2023年10月には日本初のアリーナ公演の成功を果たしました。

今後も活躍が期待されますね。

新しい学校のリーダーズの結成理由が判明!解散はデマ!

いかがでしたか。あたらしい学校のリーダーズの結成理由についてお伝えしました。

彼女たちの結成理由は諸説あるようで彼女たちらしいものでしたが、公募して公式の結成理由があることがわかりました。

現在彼女たちは日本だけでなく、世界中で人気であり、メンバー仲もよく、解散理由とはほど遠い場所にいるといってもおかしくないのではないでしょうか。

これからも新しい学校のリーダーズの活躍に目が離せませんね。