八代亜紀が脳梗塞と診断されたのはいつ!?死因や画像も調査!

未分類

八代亜紀さんは1950年8月29日生まれの演歌歌手です。

1971年にシングル「愛は死んでも」で演歌歌手デビュー、オーディション番組「全日本歌謡選手権」で10週連続勝ち抜きでグランドチャンピオンになりました。

また、1973年に発売した「なみだ恋」が120万枚ヒットし、その後も「しのび恋」や「愛ひとすじ」などのヒット曲を数々輩出しています。

八代亜紀さんはバラエティ番組でも飾らず、ほんわかした人柄で人気を博し、多くのファンから支持されていました。

しかし、2023年12月30日に73歳で逝去されたという訃報に多くのファンから哀悼のコメントが寄せています。

実はこれまで、八代亜紀さんは膠原病(こうげんびょう)や脳梗塞メニエール病の噂もあり、発音や活舌に問題があるのでは?と囁かれていました。

 ーこの記事でわかることー

  • 八代亜紀さんの死因や病名

  • 八代亜紀さんが脳梗塞と噂された理由

この記事では上記の内容にスポットを当てながら、八代亜紀さんの死因や病気に関する情報を解説していきます。

八代亜紀さんの死因は膠原病で確定?脳梗塞の噂も!?

八代亜紀さんの訃報が世間に知れ渡ったのは2024年1月9日のこと。

2023年12月30日に逝去され、1月8日に関係者のみで葬儀が執り行われたようです。

所属事務所からの八代亜紀さんの訃報発表を受け、ファンに衝撃が走っており、SNS上でも驚きと悲しみのコメントが多数投稿されました。

ここからは、八代亜紀さんの死因と影響があったとされる病気について解説していきます。

八代亜紀さんの死因は膠原病?

八代亜紀さんの死因は膠原病に関わる急速進行性間質性肺炎と発表されました。

八代亜紀さんは2023年8月に膠原病と診断され、同年9月12日に芸能活動休止を発表していました。

肺の中で起こる通常の肺炎とは異なり、間質性肺炎は肺自体が悪くなる病気であり、肺が硬くなることで膨らみにくく、呼吸がしづらくなります

また進行速度によって「慢性」と「急性」にわけられるようです。

慢 性 数か月から数年単位で進行
急 性 数日から数週間単位で進行

八代亜紀さんの場合「急速進行性間質性肺炎」だったため、想像以上に進行が速く、療養中とのことでしたが、すぐに容体が悪化したのかもしれません。

八代亜紀さんが脳梗塞との声も?

膠原病を患ったことでファンから心配と不安の声が上がっていましたが、過去には「脳梗塞なのでは?」「手元が震えているように見える」といったコメントも上がっていました。

テレビ番組出演時に言語障害のような姿も見受けられ、脳梗塞の可能性も危惧されていました。

しかし、今回の訃報を受け、八代亜紀さんの死因は脳梗塞ではなく膠原病であること判明しています。

ただし、膠原病とは複数の病気の総称とされているため、体が徐々に蝕まれており、すでに影響が出ていた可能性も考えられそうですね。

八代亜紀脳梗塞と噂された理由がヤバい?病状も徹底解説!

これまでさまざまな楽曲をリリースし、ドラマやバラエティ番組などでも活躍してきた八代亜紀さん。

そんな八代亜紀さんが脳梗塞を患っていたという噂は本当なのでしょうか?

また、メニエール病という病気の噂もあるようで、気になりますよね。

ここでは、八代亜紀さんの脳梗塞やメニエール病の噂、発音や活舌についてなど解説していきたいと思います!

八代亜紀が脳梗塞と診断!?活舌の悪さに番組中に心配の声も!?

八代亜紀さんは2014年のバラエティ番組「駆け込みドクター!」に出演した際、隠れ脳梗塞だということを指摘されています。

番組で人間ドックを受けた八代亜紀さんの脳のMRI画像に白い影があり、進行すると脳卒中になる可能性があると言われました。

また、インターネット上では2012年頃から八代亜紀さんの呂律が回っていないことがコメントされていて、心配する声が上がっていました。

脳梗塞とは?

脳梗塞は脳軟化症ともよばれる病気です。

脳の血管が機能しなくなって酸素や栄養不足になることにより脳が壊死に近い状態になる病気です。

これにより麻痺や意識障害があらわれることがあるそうですが、急激にあらわれた場合などは脳卒中と呼ばれる病気になります。

脳梗塞の原因として、動脈硬化や血栓といった血管の詰まりが考えられ、

  1. 生活習慣病
  2. 飲酒
  3. 喫煙

といった不健康な生活を送ると罹患しやすいといわれています。

脳の機能が部分的に失われていくため、顔・腕・発語に関して異変が出現しやすく、発見が遅れると命に関わるため、早期受診することが推奨されています。

八代亜紀は脳梗塞ではなく膠原病だった!?病気の症状と原因は!?

ここまでは八代亜紀さんの脳梗塞やメニエール病の噂、発音や活舌についてなど解説しました。

八代亜紀さんは1991年に疲れや父親の死からメニエール病を患い、2014年にはバラエティ番組で行った人間ドックで脳梗塞予備軍だと言われていたことが分かりました。

ここからは、八代亜紀さんの膠原病の噂や病気の症状、患った原因など解説していきたいと思います!

八代亜紀が膠原病のため年内活動休止!体の変化に衝撃!?

八代亜紀さんは2023年9月12日に年内活動を休止することを発表しました。

同年の8月下旬から体調不良になっており、いくつかの病院で診察をしてもらったところ膠原病という診断を受けたそうです。

八代亜紀さんは自身のホームページにて「ご心配をおかけして本当にごめんなさい」「必ず元気になって戻ってきます」とのコメントを表明していました。

年内活動休止ということで「2024年には復帰しているかも!」という期待の声も多くありました。

八代亜紀が患った膠原病の症状と原因は!?長引く可能性も!?

八代亜紀さんが患った膠原病とは一体どのような病気なのでしょうか?

調べてみたところ、膠原病とは複数の疾患の総称らしく、症状としては全身の複数臓器に炎症が起こり、臓器の機能に障害が起こる病気です。

原因不明の発熱や関節の痛みなどが起きるもので、代表的な膠原病としては全身性エリテマトーデス、関節リウマチなどがあるそうです。

発症する原因は、血液中の抗体が細胞核と反応を起こし、合体することで組織を攻撃するようになることで起こるそうですが、はっきりとした原因は不明で最悪死に至る病気だということでした。

女性に多く、遺伝的環境的に発症すると言われており、完治させることは困難で、治療は一般的にはステロイド治療を行うことが多いそうです。

【2024最新】膠原病の芸能人26選!EXILEや女優、世界的有名歌手も患っていた!?

八代亜紀は過去メニエール病にかかり、膠原病で療養中に死去

今回は八代亜紀さんの死因や脳梗塞、メニエール病の病気の噂、発音や活舌が悪いとの噂など解説しました。

八代亜紀さんは1991年に九州ツアーの疲れや父親の死からメニエール病にかかり、2014年にはバラエティ番組で行った人間ドックで脳梗塞の可能性があるといわれていました。

2023年9月12日には、膠原病の治療と療養に伴い、年内の活動を休止を発表しましたが、同年12月30日に逝去されました。

復帰し、元気な姿をまた見られることを期待していた方も多かっただけに残念でなりませんよね。

ご冥福をお祈りいたします。