麻生太郎若い頃のイケメン過ぎる写真を紹介!経歴のすごさと引退理由についても調査!

未分類

第92代内閣総理大臣の麻生太郎さんの若い頃がイケメンすぎると話題になっているのをご存知ですか?

2024年には84歳になる麻生太郎さんの若い頃といえば、20代の頃でしょうか?

実は、麻生太郎さんは若い頃、政治とは異なる場所で自身のすごさを発揮しています。

その場所とはなんとオリンピックなのです!

オリンピックに出場するほどのすごさを持っていながらも引退した理由は何だったのでしょうか?

麻生太郎さんの若い頃がイケメンと言われている時期はオリンピック出場時期ではないかともいえますね。

ここでは、麻生太郎さんの若い頃のイケメンの様子や、持ち前のすごさ、選手を引退した理由についてまとめていきます。

また、今何しているのかということや現在の役職、プロフィールなどもあわせて紹介していきます。

【画像】麻生太郎の若い頃がイケメンすぎ!すごさがわかるエピソードも紹介!

上の画像は麻生太郎さんの若い頃です。

皆さんが知っている政界で活躍しているときの顔より少し幼い分、顔のパーツがよりはっきり強調されているのではないでしょうか?

確かにイケメンと言われても納得できる顔立ちですね。

ここからは、麻生太郎さんの若い頃の写真とともに、麻生太郎さんが若い頃何をしていたのかということについてまとめていきます。

麻生太郎の若い頃の画像で見るイケメン具合とは?!

上の写真は、麻生太郎さんの若い頃の普段の様子を撮影されたものだと考えられます。

日常生活でもイケメンの雰囲気を漂わせていますね。

こちらは、スーツ姿でビシッときめている写真です。

さすが、イケメンだけあってしっかりとした写真ではオーラを感じさせますね。

さらにこちらは、麻生さんが政界入りして間もない頃の写真です。

当時、麻生さんは38歳です。

まさに麻生太郎さんの若い頃はイケメンだったと言える代表的な写真とも捉えられますね。

英語・フランス語を操るバイリンガル?女性からは超モテモテだった?!

麻生太郎さんは、幼少期から学習院初等科、学習院中等科、学習院高等科で過ごし、学習院府大学政経学部を卒業しています。

そして、アメリカのスタンフォード大学大学院に留学した後、祖父である吉田茂さんに指摘された訛りを直すためにロンドン大学政治経済学院に留学しています。

このことから麻生さんの英語力は非常に高いと言えます。

フランス語を話せるかどうかについては、調べても不鮮明な部分がありました。

もしバイリンガルでなくても、英語を使いこなし、さらに麻生太郎さんの若い頃のルックスを考えると女性からモテていたとも言えますね。

麻生太郎はオリンピック選手!?記録更新で優勝していた!?

麻生太郎さんは実は、大学生の頃からクレー射撃を始め、大学4年生の頃には全日本選手権で当時の日本新記録を出し、優勝しています。

そして、1974年に行われた第2回メキシコ国際射撃大会に出場し、優勝しています。

さらにその後、モントリオールオリンピックに出場して41位という結果を残しています。

オリンピックでは壇上に上がることは難しかったようですが、それにしてもものすごい才能と努力があったのだと考えられますね。

麻生太郎の凄さが分かる?!30代で取締役社長就任と政治家へ転身?

麻生さんは、1966年に麻生産業株式会社の取締役に就任しています。

さらに、1973年には麻生セメント株式会社の代表取締役社長に就任しています。

当時、麻生さんは26〜33歳です。

麻生さんの地元である福岡県飯塚市では、麻生グループが集結しており、会社の社長になっていました。

そして、1979年には第35回衆議院議員総選挙に旧福岡2区から出馬して初当選をしています。

政界に入ってから、麻生さんの「コストカット面」の業績のすごさが発揮されています。

例えば、公益法人が補助金を元に作った余剰金1076億円を返納させたり、各省庁の娯楽費を557億円も削減したりなど、多くの業績を残しています。

残念ながら、大々的に報じられることがなく、一般の人には麻生さんのすごさが分からない人も多いのではないでしょうか?

しかし、麻生さんのおかげで何兆円もの税金が守られたことは確かです。

今、何をしているか知らない人も多いと思いますが、麻生さんの現在の役職は自民党副総裁です。

2020年には、副総理、財務大臣、内閣府特命担当大臣(金融担当)という役職に就任しています。

オリンピックに出場するほどの腕前をもつ麻生さんですが、現在の役職から考えても政治家としてのすごさを持っている人だと言えます。

そのため、オリンピック出場後の引退理由については明かされていませんが、政治家に転身すべき人物だったからとも考えられるでしょう。

麻生太郎は華麗なる一族?!先祖代々が凄すぎる?

これまで、麻生さん本人のすごさを紹介してきましたが、麻生さんの家系も驚くほどのものです。

麻生さんの家系は、日本にとってとても重要な働きをした方が多く、真実を知れば驚かない人はいないでしょう。

ここからは、麻生さんの身長などのプロフィールに加え、家系についても紹介していきます。

麻生太郎のプロフィール

まず、麻生太郎さん本人のプロフィールです。

出身地や生年月日などをまとめました。

他には、兄弟の構成も書いています。

出身地:福岡県飯塚市

生年月日:1940年9月20日

身長:175cm

体重:70kg

血液型:A型

妻:麻生(鈴木)ちかこ

その他:7人兄弟の長男、妻との間に一男一女あり

麻生家は皇族と縁戚関係の華麗なる一族?大久保利通の名も?!

まず驚きなのが、高祖父(祖父の祖父)にあたる人物が「大久保利通」であるということです。

さらに、親族として明治天皇(第122代天皇)、大正天皇(第123代天皇)、昭和天皇(第124代天皇)、今上天皇(第125代天皇)、吉田茂、鈴木善幸、岸信介、佐藤栄作、安倍晋三などがいます。

麻生太郎さんの末妹である寛仁親王妃信子様が三笠宮寛仁親王と結婚したため、天皇家とも関わりを持っています。

しかし、皇族や歴代の総理大臣と親戚といっても、本人が努力をしなければ選挙で当選することはできなかったはずです。

ここでも、麻生さんのすごさが実感できますね。

現在83歳!スーツの着こなしがイケオジすぎる!?

2024年1月の現時点では83歳の麻生さんですが、スーツ姿がお洒落であることでも知られているようです。

麻生さんは、学生時代から東京の青山にある老舗紳士服店の「テーラー森脇」でスーツを仕立てているようです。

店員によると、3ヶ月に1度の頻度で来店し、まとめて2、3着をオーダーするようです。

学生時代から45年間にも渡って通い続けている店で購入しているスーツは、麻生さんにとってかなり思い出深いものがあると言えますね。

麻生太郎が身長をサバ読みしていると話題に?実際の身長は何センチ?

先ほどのプロフィールでも紹介したように、公式のホームページでは、麻生さんは身長175cmであると記載されています。

しかし、安倍晋三さんも同様に175cmと記載されており、2人が揃って撮影した写真では麻生さんの方が低く見えていました。

麻生さんは身長をサバよみしているのではないか?と言われています。

しかし、175cmと測定されたのがいつなのかが明確にわかっておらず、現在では年齢とともに身長が縮まってしまった可能性もあるため、サバよみなのかが不透明になっています。

麻生太郎が引退?!もう岸田のお守りはしていられない?

2024年には84歳と高齢になる麻生さんですが、引退説も出ています。

これまでの業績を見れば、可能な限り政界で実力を発揮してほしいものですが、年齢を考えると難しい場面もあるでしょう。

最近では、もう出馬してほしくない人物としても名前が上がっています。

その理由の1つには、口の悪さがあります。

この引退説の理由を聞いて納得する人もいるのではないでしょうか?

ここからは麻生さんのこれからや今何してるのかということについてまとめていきます。

麻生太郎の後継者は長男で麻生商事社長!?

まず、麻生さんが引退となると考えられるのは後継者についてです。

妻のちかこさんとの間には、長男である将豊さんが1984年に誕生しています。

現在は、麻生商事代表取締役を務めているようですが、後継者として考えられるのは、この長男だと言えますね。

引退理由が病気との噂も?!実は耳が聞こえていない?

麻生さんの政界の引退理由ですが、病気で耳が聞こえないという噂もあるようです。

残念ながら、噂の真偽を確かめることはできませんでした。

しかし、噂の発端は、現在の政界には73歳以上の国会議員が60名以上おり、高齢者の議員の会見内での受け答えに対して「声が弱々しくて何を言っているのか分からない」という声があったことのようです。

そのため、麻生さん自身が病気で耳が聞こえないという可能性は低いです。

噂が真実かどうかは分かりませんが、国会から麻生さんが退いてほしいという声もあるようなので、今後どのように動いていくのかは分かりませんね。

麻生太郎の若い頃と経歴のすごさが本当にすごかった!

ここまで、麻生太郎さんが若い頃に本当にイケメンだったことや、経歴や親族のすごさをまとめてきました。

今何してるのか気になる人もいるのではないでしょうか?

一部の人には、「口が悪く、評判が良くない」というイメージがついてしまっている麻生さんですが、報道されていない経歴をよくみてみると、日本にとって素晴らしい貢献をしてきたことが伺えます。

高齢者が多い政界ですが、今後とも元気な限り活動し、新たな後継人が見つかることに期待ですね。