水素水ブームが無くなった理由10選を徹底調査!消費者庁が効果なしと発表!?

水素水ブームが無くなった理由10選を徹底調査!消費者庁が効果なしと発表!? その他

体の中からキレイになれるとのことで、スポーツジムを中心に健康志向の人たちの間から人気が出始めた水素水。

瞬く間に世の中に普及して、スーパーやコンビニでも手軽に手に入るようになり、健康志向でなくても飲む人が増えていたのですが、最近は見かけなくなりました。

実は、水素水は消費者庁が「効果なし」と発表したと言われているのです。

「健康になれる」とメディアでも取り上げられていたのに、どうしてなのか気になりますね。

今回は水素水ブームが無くなってしまった理由や、消費者庁が「効果なし」とした根拠などについてご紹介していきます。

水素水ブームが無くなった理由10選がヤバい!科学的根拠なしで効果もなし!?

健康になる水として大ブームとなった水素水は、一時期いろいろなところで見かけていました。

そんな水素水を全く見かけなくなったのには理由があるようです。

どんな理由で水素水ブームが無くなってしまったのか、飲んでいた人は特に気になりませんか?

ここからは水素水ブームが無くなった理由について、詳しくご紹介しています。

水素水ブームが無くなった理由①:消費者庁が効果なしと発表!

水素水には人体の活性酸素を取り除く効果があり、病気や老化を防ぐことができるというのが最大の謳い文句でした。

しかし2021年に消費者庁は一部の企業に対し「信頼できる十分なデータが認められない」として、景品表示法違反で再発防止を求める措置命令を出しました。

措置命令を受けたのは、

  • ドクターズチョイス
  • アイ・ティー・ウェブジャパン
  • ナック
  • シンアイ産業

の4社です。

水素水ブームが無くなった理由②:厚生労働省も効果なしと発表!?

厚生労働省は水素水を認可していると言われていたのですが、これは大きな間違いでした。

水素水を作る機械に厚生労働省の認可を受けるためには、医療機器製造メーカーとして工場自体が認可を受ける必要があるのです。

厚生労働省が認可した水素水は日本トリム社の「電解水素水」とパナソニックの「還元水素水」の2つだけになります。

一部の業者は、これを湾曲させ水素水全体が厚生労働省の認可を受けているという宣伝文句で、水素水を販売していました。

水素水ブームが無くなった理由③:水素水には科学的根拠なし!

水素水は、老化の原因となる活性酸素を取り除く、がんが予防できると言われていました。

しかし、健康食品の有効性・安全性を科学的根拠から評価する国立健康・栄養研究所は、その効果に対し「科学的根拠がない」と発表しました。

ただ「現時点では根拠がない」とされていて、データが不十分であるとも言われています。

とはいえ、水素水を飲んで健康になったという人もいるため、完全に効果がないとは言えないとの意見もあるようです。

水素水ブームが無くなった理由④:飲み初めに下痢の症状!?

水素水ブーム以降、しばらくすると「飲み始めたら下痢をするようになった」との口コミが寄せられるようになりました。

その原因として次の2つの事が考えられます。

下痢の原因①水分の摂り過ぎ

水素水は1日500ml~1000ml飲むと効果が出ると言われていました。

水素水に関わらず、普段大量に水を飲む習慣がない人が急に1000ml近い水を飲むと、中にはお腹が緩くなる人も出てきます。

特に一気に飲むと腸で吸収される水分量を超えてしまい、下痢を起こすことになります。

下痢の原因②好転反応

水素水は体に含まれる老廃物を排出する効果があると言われているため、飲むことによってそれらが便となって排出されるという説があります。

今のところ科学的根拠がないとされていますが、効果を実感している人の中には、水素の効果が飲み始めの頃に下痢となって表れると言う人がいます。

水素水ブームが無くなった理由⑤:ペットボトルでは水素が逃げてしまうから!

水素水は水の中に気体の水素が入っている水で、水素は地球上で一番小さい物質とされています。

小学校の理科でも一番最初に覚える元素ですよね。

そのため、ペットボトルやアルミ缶などに保存すると、水素は抜けていってしまうのです。

しっかり水素が含まれている水を飲むのであれば、作り立ての水素水をその場で飲む必要があります

水素水ブームが無くなった理由⑥:販売元が怪しすぎる!?

2016年、国民生活センターは一部の水素水の中に水素ガスが入っていない商品があったと公表しています。

販売する会社によっては「さまざまな病気の原因を除去する」「アトピーが治る」といった薬機法や健康増進法などに触れる宣伝文句を記載している商品もありました。

このことから国民生活センターが注意喚起を行い、怪しい販売元があるというイメージが広がったようです。

水素水ブームが無くなった理由⑦:効果のエビデンスがない!

水素水は体内の悪玉活性酸素を除去するため、

  • 成人病予防
  • 認知症やガンの予防ができる
  • アレルギーや肌荒れの改善
  • 疲労回復
  • 美白効果

があると言われています。

例えば、がん細胞に高濃度の水素を到達させると細胞が小さくなったり、消滅したりすることは科学的に証明されています。

しかし、口から摂取した水素水の水素が、体内のがん細胞まで到達するのは不可能とのことです。

ただし、水素水は全く効果がないのかと言うとそうではなく、水素水を飲み続けて病気が治ったという研究もあります。

つまり、水素水の効果については確固たるエビデンスが「ない」のではなく、現在はまだ「少ない」状況とされています。

水素水ブームが無くなった理由⑧:法律を守っていない!?

水素水ブームが無くなった理由の一つに、商品パッケージや水素水生成器の取扱説明書の成分に関する記載に誤りがあったことが挙げられます。

水素の濃度を「高濃度」と表示しているにもかかわらず、実際に検査したところ水素が含まれていなかった商品があったと、消費者庁が明らかにしています。

また、科学的根拠が証明されていないのに「悪玉活性酸素を無害化する」と表示しているものもありました。

これらは、

  • 医薬品医療機器法
  • 健康増進法
  • 景品表示法

などの法律に触れるため改善指導がなされました。

水素水ブームが無くなった理由⑨:電解還元水と中身が同じ!?

厚生労働省から認可を受けた整水器で電気分解した水を「還元水素水」と言い、胃腸症状の改善効果などの医療効能が薬事法で認められています。

「還元水素水」は「電解還元水」「電解水素水」とも呼ばれ、全て同じものとされています。

そのため、認可を受けているものに関しては効果が期待できるのですが、それ以外で「水素水」と表示し販売しているものの効果は科学的根拠が裏付けされていません。

しかし、水素水を販売している一部のメーカーは「水素水」は「電解還元水」とは違う特別な水といった誤った広告などを出していました

このことが広まり、「水素水」は特別な水ではなかったと話題になりました。

水素水ブームが無くなった理由⑩:副作用がヤバい!?

水素水自体に有害な物質は含まれていないので、飲み続けて副作用が出ることはありません

しかし、たくさん飲み過ぎると次のような弊害がでることが分かっています。

  • 消化器官の不調や下痢、腹痛
  • 体に必要なビタミンやミネラルの吸収を妨げる
  • 酸化ストレスの過剰減少による細胞機能の低下
  • 人によってはアレルギー反応を起こす

水素水によって体調を良くしたいのであれば、飲み過ぎないことが大切です。

水素水を飲むとどうなる?水素水をのんではいけない人についても徹底調査!

科学的根拠がなく「効果なし」と言われている水素水ですが、実際に飲んだ人はどんな症状を実感しているのでしょうか。

効果を実感した人の多くは、科学的根拠がないだけで効果はあると言っているのです。

また、水素水を飲んではいけない人がいるとの説もあります。

ここからは水素水を飲んだ人の実際の声や、飲んではいけない人について解説していきます。

実際に水素水を飲んだ結果は?

水素水を飲み続けている人からは「胃の調子が良くなった」「特に悪い症状は出ていない」といった口コミがありました。

お腹が緩くなりやすかったのに、水素水を飲み始めて改善されたという意見が最も多くあります。

また、胃もたれがなくなり、お通じが良くなったとの意見もあり、それらの人たちは水素水ブームが無くなっても飲み続けています

水素水を飲んではいけない人は?

水素水は水道水に比べ、カルシウムやミネラルが豊富なため、腎不全やカリウム排泄障害などの腎疾患がある人は飲まないほうがいいと言われています。

また、胃液のpH値が高い人は水素水を飲むことによって、さらに高くなるので飲まないほうがいいと言われています。

赤ちゃんは内臓の働きが大人と違うので、ミルクや離乳食に水素水を使わないほうがいいとされ、薬を飲む時も浄水を使う方がいいようです。

水素水ブームが無くなった理由とは?消費者庁も効果なしと発表!

今回は水素水ブームが無くなった理由や、消費者庁が「効果なし」と発表した科学的根拠について解説してきました。

水素水はさまざまな病気の予防や美容に効果があると言われ、大ブームとなりました。

厚生労働省の医療認可を受けている水素水については、

  • 慢性下痢
  • 消化不良
  • 胃腸内異常発酵
  • 胃酸過多

などが改善されることが認められています。

その他の水素水については科学的根拠のデータが少ないため、現在のところ「効果があるとは言えない」とされています。

健康のために水素水を飲む場合は、きちんと認可を受けているものを選ぶことが大切で、今後研究が進めば、認可を受けていない水素水も科学的に効果が実証されるかもしれませんね。