12月なのに第一志望がE判定の受験生に読んで欲しい記事

大学受験



 

こんにちは!

今回は『12月なのに第一志望がE判定の受験生』に向けて、お伝えしていきたいと思います。

  • センター試験まで約1ヶ月、私大入試まで約2ヶ月なのに、模試で良い結果が出ない
  • 第一志望の大学はずっとE判定のまま、これで本当に合格できるのか
  • 何が原因で学力が伸びないのか分からない

といった悩みを持っている受験生は非常に多いと思います。

夏休みも猛勉強したのにここまできて結果が出ていない、学力が伸びないのは、何かしらの原因、理由があります。

これからその原因、理由について説明していきますが、必ずしも皆さんに当てはまるかどうかはわかりませんので、参考程度に読んでいただけると幸いです。

ここで学力の伸びがストップしてしまわないよう、ぜひこの記事を最後までご覧になってください!

【大学受験】12月から入試直前までが最も成績が伸びる時期である理由とは?


考えられる学力停滞の原因

  • 基礎のインプットが足りない
  • 問題集などでのアウトプットが足りない
  • 苦手な科目を後回しにして、勉強量が偏っている
  • 模試などの緊張する場において、実力を出せていない
  • そもそもの勉強量が足りない

主に上記のどれかに当てはまると思います。

一つずつ説明していきます。

基礎のインプットが足りない

学力のベースとなる『基礎』の構築ができていないと、いくら過去問やレベルの高い問題集を解いても成績は伸びません。

この基礎とは、英語で言う単語や文法のことです。

つまり知識量(暗記)が足りていないのです

この時期に基礎のインプットだけやっていたら、応用力は付かず、確実に入試に間に合わないので、インプットをしながら問題集などでアウトプットしていくスタイルで勉強していくしかありません。

しかし12月のこの時期に基礎の構築が曖昧だと、思い描いている第一志望の合格は、かなり厳しい状態であることを肝に命じておきましょう。

問題集などでのアウトプットが足りない

単語や文法の意味は覚えてあるのに、長文読解がなかなかできない、という人はいますか?

それは、覚えた基礎を生かして問題を解く実戦力がまだ不十分ということです。

なので、そういった人はこれから過去問や問題集をたくさん解いていくことでこから学力がグッと上がると思います

問題を解いてしっかり復習することで、一回間違えたところは間違えないようになるし、知識量も増えます。

一つ注意してほしいのが、いきなりレベルの高い大学の過去問や難しい問題集を解かないようしましょう。
段階的に難易度を上げていくことで、だんだんと脳も成長していきます。

苦手な科目を後回しにして、勉強量が偏っている

私も古典が苦手で、後回しにしてしまい、模試などで足を引っ張っていました。

この科目が苦手だな、と思う科目がある人は、この12月で克服するために、意識的に他科目よりも時間をかけて勉強するようにしましょう。

苦手な科目が平均点くらいに乗れば、全体の偏差値もグッと上がりますので、逃げずに向き合いましょう!

模試などの緊張する場において、実力を出せていない

これは心理的な問題ですが、訓練しておくことで改善できます。

せっかく実力があっても、本番で結果を残せなければ不合格になります。

そういった人は、普段問題集や過去問を解くときから、時間を測って解くようにしましょう。

試験というのは少ない時間で多くの問題を解くことになります。

その焦りやプレッシャーが原因で、いつも通りの力を出せないというのもありますので、時間を意識して問題を解くクセをつけておきましょう!

また、過去問を解く時にいつもとは違う場所で解いてみるのもオススメです。

いつもと違った場所だとなんとなくドキドキしますよね。
なので、慣れない場所でも実力を出せる訓練をしておくことも大切です。

試験会場に飲まれてはダメですよ!

そもそもの勉強量が足りない

学校がある日は、自習できても3時間?くらいかと思いますが、この時期に、土日の休日も3、4時間しか勉強しないのは、非常にまずいですよ。周りは皆朝から夜まで勉強してます。

いよいよ入試を意識し出す時期なので、そこで自分に甘えてサボっていては、いい結果は得られません。

ここが踏ん張りどきなので、勉強量は下げてはいきません!

12月にE判定で本当に間に合うのか

E判定とは合格率20%以下であり、100人受けて20人が受かるラインです。

合格が不可能というわけではないですが、相当厳しい現状にあるのは間違いないです。

なので、現実的に今の段階でE判定の大学に受かるか受からないかは、一概には言えませんが、MARCHであればまだ諦めるのは早いかもしれません。

A判定、B判定でも落ちる受験生はいますし、E判定というのは受験生の5、6割に該当します。(意外と多いです。)
だからこそ逆転合格は存在するのです。

私も最後までMARCHは全てE判定でしたが、逆転合格することができました。

では何をすれば、12月の時点でE判定でも逆転合格する1人になれるのか、説明していきます。

逆転合格するためには12月何をするべきか

諦めるな

特に大切なことは、戦略を立てることです

その学部の試験の傾向や特徴をよく理解して、その特徴に特化した勉強をするということです。

特徴的な問題はむしろ対策しておかないと、点数が取れないので、必ず対策が必要です。

なので、極端に言えば古典のない学部が第一志望であれば、古典はほとんど勉強しない、というのもありかと思います。

無駄なことを徹底的に省いて、その試験で高得点を取るための勉強を効率的に進めることが、これからは大切なポイントになってきます。

また、自分の勉強法を見直すために、塾の先生や先輩などの受験に詳しい人にアドバイスを求めることもありです。

伸びる

【逆転合格】直前期に成績が一気に伸びる人の特徴とは?

 

最後に

Fotorech / Pixabay

この記事を通して、学力停滞や模試でいい結果が出ない原因等をお伝えしてきましたが、

逆転合格に最も必要なことは

『最後まで諦めない気持ちを持つこと』です。
この気持ちが合格には大前提です。

結局精神論かよ、と思う方もいるかもしれませんが、

もう諦めてとりあえず受験まで勉強している感じの受験生に逆転合格なんかできるはずがありません。

逆転合格できる受験生には、最後まで自分を信じて勉強を必死こいて続けてきた努力と自信があります。

最後まで諦めずに意味のある勉強を続ける、これが大切です。

最後までご覧いただきありがとうございました!