【大学受験】12月から入試直前までが最も成績が伸びる時期である理由とは?

TeroVesalainen / Pixabay
受験勉強



こんにちは!

今回は『12月から入試直前までが最も成績の伸びる時期である理由』についてお伝えしていきます。

受験生の中には、まだなかなか学力が伸びず、模試などで良い結果が出ない、という人もいるかと思いますが、

現役生の学力が劇的に伸びるのはこれからが本番です!

それはなぜなのか、

結論から申しますと『アウトプットを中心にする時期だから』です!

夏休みの猛勉強、秋の辛い停滞期を乗り越えた皆さんなら、これから確実にその勉強の成果が現れてきます。

その成果の出し方は、この時期の勉強法に関係しています。
これから説明する勉強法を行えば、学力は伸びてくると思いますが、正しく行わないとこれまでの努力して得てきた知識を十分に発揮できずに終わってしまいます。

今までの時間を無駄にしないよう、この記事をぜひご覧になって参考にしてください!

参考書

【完全版】MARCHに合格するために必要な英語の参考書を紹介!

12月から入試直前までが最も成績が伸びる時期である理由

今まではインプット、これからはアウトプットだから

夏休みから秋にかけて、基礎のインプットを繰り返し積み上げてきたと思います。

ですが、基礎のインプットだけでは問題は解けるようにはなりませんし、実際の学力も上がりません。

覚えた知識を、問題集などでアウトプットをすることで、確実に知識が脳に定着するのです
そして、問題を解く応用力が身につき、やっと肌で学力の伸びを感じることができるのです。

なので、今まで基礎の暗記、インプットをずっとしてきたのになかなか学力が上がらないという人がいると思いますが、それは当たり前のことです。アウトプットの量が足りないからなのです。

ですがそれは、12月以降にかけて問題集や赤本をたくさん解いて勉強を進めていくので、学力もそれに伴って上がっていくでしょう。

これが『12月から入試直前までの期間が最も成績の上がる理由』の真相です!

今まで積み上げた基礎があればあるほど、これからの時期は伸びやすいのです。
なのでこの時期にまだ伸び悩んでいる人も安心してください!
必ず学力がグッと伸びる瞬間が現れます。

アウトプットを行う上で注意すること

勉強

【逆転合格】MARCHに合格するための冬休みの過ごし方とは?

↑この記事でも触れているのですが、アウトプットをする上で注意して欲しいのが、

赤本などで問題を解く際に必ず復習を行うようしましょう。

復習を行わないとなぜその問題で間違えたのかわからないままで終わってしまい、また同じような問題で間違えてしまいます。

それでは赤本を解いていても学力は上がりにくいですし、赤本を解いてる時間があまり意味のないものになってしまうので、非常に効率が悪いです。

何故その問題を間違えたのか確認をして、知識不足だったのであれば新しい知識として吸収し、解き方を間違えていたのであれば、正しい知識を身につける、

そういった復習を行うことで自分にとって解ける問題は増えていき、試験でも高得点を取れるようになるのです。

学力が伸びることで勉強のモチベーションも上がる

赤本などを解いて、点数が上がり始めて学力が伸びていることを実感すると、勉強するのが楽しくなりモチベーションも爆上がりします。笑

そうなると集中力も一気に高まり、効率的に勉強を進めることができるようになります。
そして学力もどんどん伸びていき、少しずつ偏差値の高い大学も射程圏内に入ってきます。

学力の伸びの現れは、最大の勉強のモチベーションになります。

停滞期はやはり本当に辛いです。
今の勉強法で合っているのか、第一志望に本当に合格できるのか、自分には才能がないのか、など思考がどんどんマイナスに落ちていきます。

そんな時期を乗り越えられる力を持っているか、己との勝負になります。

冬休みに一気に追い込むことで伸びは加速するから

congerdesign / Pixabay

冬休みは入試前最後の長期休みです。

この期間の追い込みができるかどうかで、入試前までにどれだけ学力を伸ばせるか変わってきます。

私の場合は、朝9時に塾の自習室に来て夜21時まで勉強する生活を続けて、昼休憩も特には取りませんでした。(昼飯は飴やガムで凌いでました。)

正直、赤本を解いていると解くだけで時間がかかるので、
朝から解いて1時間、復習で1〜2時間、を3教科行うと気がつくと夕方になっていることが多かったですね。

この勉強をダラダラやってしまうと、1日にできる勉強がかなり少なくなってしまいます。
なので、集中してテキパキ勉強することで、勉強できる項目も増えて、より1日が濃密なものになります。

そして、学力の伸びも加速していくのです!

最後に

いかがだったでしょうか?

12月から1月にかけては、クリスマスや紅白、箱根駅伝など様々なイベントがあって誘惑の多い時期ですが、今年は我慢して勉強に勤しみましょう。

ここで努力を継続できる人は、最後の最後まで学力は上がるし、よりレベルの高い大学の合格の可能性も高くなります。

今までの地味な基礎の勉強は終わり、12月からは本当の実力を身につけられる時期になります。

模試や赤本を解いていく中でなかなか奮わない結果だと落ち込み時もあるかと思いますが、まだまだ成長過程です。

あと約2ヶ月、後悔のないよう全力で駆け抜けていきましょう!

この記事を読んだら、すぐにスマホ、パソコンを閉じて勉強に取り組みましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。

直前期にオススメの英語の参考書!