【短期決戦】センター試験から私大入試までのスケジュールで気をつけることは?

Wokandapix / Pixabay
受験勉強



こんにちは!

この記事では『センター試験後から私大入試までのスケジュールで気をつけること』について解説していきます。

この記事を読んでいるあなたは、きっとセンター試験を終えた後でしょう。

ここから私大入試が始まるまではもう1ヶ月もありません。
なのでこの期間の行動がとても大切になってきます。短期決戦です。

その短い期間に気をつけるべきことをポイントでまとめました。

<この記事のポイント!>
・センター試験後はすぐに私大入試対策に切り替える
・センター試験は復習だけして、振り返らないようにする
・第一志望対策を最重要に考えるが、滑り止め対策もしっかり行う
・入試日程は徐々に難易度が上がるように組む
・試験日の連続は最大でも3日
伸びる

【大学受験】直前期に絶対にやるべきことを4つ紹介します!

センター試験から私大入試までのスケジュールで気をつけること

① センター試験後は私大入試のことだけを考える

tjevans / Pixabay

特に思うような成績を残せずにセンター試験を終えると、後悔しやすいですが、終わったことをいつまで考えていても結果は変わりません。

私大志望組にとっては入試にセンター試験の結果は関係ありません。
センター利用入試は、合格できていたらラッキーくらいに思っておくのが良いです。

残された日数は少ないですいかにすぐ気持ちを切り替えて私大入試対策に集中できるかで、合格できる大学も変わってきます。

なのでセンター試験は結果が良くても悪くても、復習のみしっかり行って、後はもう振り返らないようにしましょう。
赤本や対策問題集などを捨ててしまうのも一つの手です。

【私大志望向け】センター試験で失敗した後の行動の仕方とは?

↑こちらの記事でもセンタ試験後の行動について紹介していますのでぜひご覧ください!

ここからが受験本番です!

<ポイント!>
入試までの日程を逆算して、危機感を持つことが重要
そうすることで、悩んでいる時間も惜しくなり、勉強に取り組める

② 第一志望対策に重点を置く

センター試験後、最重要に取り組むことは第一志望対策です。

大学によって試験問題の特徴、傾向も違ってきますので、その大学や学部に特化した勉強を行うのが合格に向けての近道になります。

また、試験時間も把握してどの問題にどのくらい時間を充てて解き進めていくべきか、ということも考えながら赤本を解いていきましょう。

滑り止めの大学の対策もしっかり行う

そこまで偏差値の高くない大学でも、英作文など対策しなければ解きにくい問題が出題されている可能性があるからです。

また、滑り止めの赤本を解いてしっかり得点を取れることを確信していれば、その分自信がつき、第一志望対策により力を入れることができます。

自分の受ける大学の赤本は一通り解いておくようにしましょう!

③ 入試日程は徐々に難易度が上がるように組む

2月初めから本格的に私大入試は始まりますが、難易度の低い大学の入試で場数を踏んで入試慣れをしておき、試験に慣れてきたところで本命の第一志望入試に挑む、というのが最も良い入試日程の組み方です。

いきなり第一志望、第二志望の入試から入ると、まだ試験の緊張感や電車などの移動に慣れてないので、実力を発揮できずに終わってしまう可能性があるからです。

試験を受ければ受けるほどお金もかかりますが、少なくとも第一志望前に2つは受けて入試を経験しておきましょう。

滑り止めの入試でも実力を発揮して、いい結果を残せれば、自信がつき良いスタートダッシュができます。
また早い所だと第一志望の入試前に合否が発表され、そこで合格を手にすることができれば不安を感じることなく本命入試に挑めます!

そういった入試日程での戦略を考えるのも大学受験では大切になってきます!

<ポイント!>
最初は入試に慣れるために滑り止めの大学を受けておく
そうすることで緊張しにくくなり、いい結果を残しておくことで自信を持って本命に挑める

④ 試験日の連続は最大でも3日

Bru-nO / Pixabay

入試は一日受けるだけで、自分ではそこまで感じていなくとも、緊張やプレッシャーなどで身体的にも精神的にもかなり疲れます。

疲れていると集中力も低下し、睡眠不足にもなってしまい、試験中に眠くなってしまい本来のパフォーマンスを発揮できなくなります。

なので試験日の連続はできるだけ避けたいところですが、入試の日程的にどうしても連続してしまうこともあります。

ですが試験日の連続は最大でも3日に留めておきましょう。

正直3日連続での試験は、想像しているよりもかなり大変なものになると思いますので、絶対に受けたい思いがなければ避けるようにしましょう。

<理想の入試日程の組み方>
2/1〜2/5‥滑り止めの大学
2/6〜2/9‥中堅大学
2/10〜2/14‥第二志望
2/15〜2/22‥第一志望

 

上記の日程はあくまで理想です。この日程通りに組まなければいけない訳ではありません。
おおよその目安で参考にして、一日おきに試験を入れられると尚良いです!

最後に

いかがだったでしょうか?

センター試験後はあっという間に時間が過ぎていきます。

その短い期間でより戦略的に動くことができるかで、あなたの受験結果も変わってきます。

ポイントを再度おさらいすると、

<この記事のポイント!>
・センター試験後はすぐに私大入試対策に切り替える
・センター試験は復習だけして、振り返らないようにする
・第一志望対策を最重要に考えるが、滑り止め対策もしっかり行う
・入試日程は徐々に難易度が上がるように組む
・試験日の連続は最大でも3日

 

以上のことを頭の中に入れて、これから受験勉強を進めていきましょう。

これからが受験本番です。

この記事を読んだら、すぐにスマホ、パソコンを閉じて行動を始めましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました!

直前期にオススメの英語の参考書!