【筋トレ報告】社会人と平行して続けてきた筋トレ歴が2年になった私のBIG3の重量について紹介!

BIG3 筋トレ



こんにちは!

この記事では、社会人をやりながら週5で筋トレを2年続けた私のBIG3重量』について、紹介していきます。

大学4年の9月から始めた筋トレを、現在まで続けることができ、筋トレ歴は2年となりました。

ベストボディジャパン・モデルジャパンにも一度出場しました。

ベストボディジャパン

a
2年間筋トレを続けてきて、トレーニーの間で一つの指標となる『BIG3』の重量や、BIG3を行う際に使っている器具などについてお伝えしていきます。

社会人

【恩恵】忙しい社会人は絶対に”筋トレ”をするべき理由・メリットを6つ紹介します!

社会人と平行して続けてきた筋トレ歴が2年になった私のBIG3の重量について紹介!

実際のBIG3重量について

BIG3

a
早速、BIG3の数値報告からすると、

スクワット:155kg
ベンチプレス:95kg

デッドリフト:150kg

a
です。
合計重量は、ちょうど400kgとなります。

この記録について、

・スクワットは膝と腰が平行になるまでしゃがむ
・ベンチプレスはケツ上げなし、ストラップあり
・デッドリフトは、床引き+ストラップあり

で実施しております。

スクワット

a
ちなみに、私の身長と体重は、161cm64kgです。
この記録が、筋トレ歴や身長・体重から見て妥当なのかどうかは、正直わかりません。

個人的な感想として、ベンチプレスがかなり苦手で、筋トレ歴2年でもベンチプレス100kgを達成することができなかったので、直近の目標として『ベンチプレス100kg』を掲げております。

筋トレ歴2年のBIG3平均重量は、他サイトの表を参考にしてみてください。
【あなたはどのレベル?】BIG3(ビッグスリー)の平均重量【男女別】| とれらぼ

この表でいくと、『上級者』にあたるようですね。

BIG3こそ最もやるべきトレーニング種目

BIG3

a
BIG3は、いわゆるコンパウンド種目と呼ばれるトレーニングであり、体全体を使うため、一つの種目で複数の部位を同時に鍛えることができます。

他種目と比べて高重量を扱うので、その分筋肉に対する負荷が大きくなり、より筋肥大に期待ができます。

ケーブル種目やストレッチ種目など、効かせる種目ももちろん大事ですが、

特に、トレ歴が浅いうちは、分割法で何種目もやるよりも、BIG3などの高重量を扱うトレーニングを突き詰めて行った方が、結果的に体の大きくなるスピードは早いでしょう。

結局のところ、重量を追っていかないと、なかなか筋肉もついていかないのです。

私が、BIG3をやる際に必須のトレーニング器具

BIG3

a
私が、BIG3を行うときに必ず使っている器具は、

・リストラップ
・トレーニングベルト
・パワーグリップ

この3点です。

特に、デッドリフト時のパワーグリップ、スクワット・デッドリフト時のパワーベルトは必須です。
私の場合、すべて『ゴールドジム』の器具を使用しています。

他ブランドで値段の安いものはたくさんありますが、充実したトレーニングをするためにも、より良いものを使っています。

実際に使っているもののリンクを貼っておきますので、ぜひチェックしてみてください!

<リストラップ>

<トレーニングベルト>

<パワーグリップ>

BIG3をやる際には靴選びも重要

コンバース

a
BIG3は、100kg以上の高重量を扱うので、

しっかりと踏ん張ることができ、力を伝えることのできる靴でないと、存分にパワーを発揮することができません。

具体的に言えば、グリップ力があり、地に足がしっかりつく(靴底が平ら)靴がおすすめです。
よく、ランニングシューズで筋トレをしている人をジムで見かけますが、完全にNGです。

個人的には、”コンバース”がおすすめです。
下の記事で詳しく紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

コンバース

【高重量】なぜ筋トレ上級者は”コンバース”の靴をトレーニング中に履くのか?その意味について解説!

まとめ:これからもじっくり筋トレを続けていきます!

筋トレ

a
筋トレ歴2年となった私のBIG3の重量をお伝えさせていただきました。

3年目は、フィジークにも挑戦したいと思うので、より体を大きくして減量したときに筋肉が残るように、これからもじっくり筋トレ・食事を継続していきます。

最後までご覧いただきありがとうございました!