【閲覧注意】生き物と女とは?検索してはいけないヤバすぎる超鬼畜AV?

未分類

みなさんは、生き物と女というワードを聞いたことはありますか。

これだけを聞いて、一体何のことなのか想像がつく人は中々いないと思います。

どうも巷では「検索してはいけない言葉」「危険度が高い」とも言われているようですね。

生き物と女で画像を検索すると、ヤバい画像が出てくるとの噂です。

なんでも、閲覧注意なグロい光景だそうですよ。

「生き物と女」の生き物とは、どうやら虫が関係しているようなのです。

さらには爬虫類や魚も関係しているとの噂もあります。

虫や爬虫類、魚がどのように関わってくるというのでしょうか。

生き物と女がどんな内容なのか非常に気になるところですね。

今回は、「生き物と女」とは一体何なのか、またどんな内容なのかというところを徹底調査してきたいと思います。

生き物と女は鬼畜系AV?虫を使ったグロすぎる内容とは?

生き物と女とはどうやら鬼畜系AVのことのようです。

ここ最近では、一般の方には理解し難いような性癖のAVも沢山ありますが、どうもそれらを凌駕するほどの内容なのだとか。

なんとその内容は、AVに虫や爬虫類が出演しているようです。

とはいえ、出演と言ってもあくまで虫や爬虫類を「一種の小道具」のように使うという内容だそうです。

これを聞くだけでもだいぶグロそうですが、詳細をさらに見ていきましょう。

鬼畜①裸の女優に虫や爬虫類を乗せて喜んでいる?

生き物と女では虫や爬虫類が出てきますが、一体それがどのように使われるのでしょうか。

なんと、虫や爬虫類をAV女優さんの体に乗せるようなことをしているそうです。

また、AV女優さんも多少は嫌がりつつも笑っているそうです。

虫や爬虫類が出てくるだけでもヤバいですが、女優さん自身が笑っているのは本当に鬼畜ですね。

鬼畜②虫・爬虫類を女優の膣に突っ込む?

なんと、生き物と女では爬虫類をAV女優さんの膣に突っ込むという内容が含まれるそうです。

詳しい内容についてのレビューが見当たりませんでした。

しかし、この生き物と女シリーズを調べてみると、「生きものと女コレクション」という作品がありました。

この作品のパッケージでは、蛇を膣に挿入しているように見えないでしょうか。

鬼畜③ウナギを突っ込まれ水中フェラ。ファック?

生き物と女には三集 うなぎ・どじょう編 弐」という作品があります。

タイトルの通り、この作品ではウナギやドジョウを使ったプレイがあるようです。

この作品もなかなかのヤバさで、ウナギを膣に突っ込んだりしているようですね。

また、ドジョウは噛むので流石に膣に突っ込むのは控えたそうです。

衛生的にも心配になる内容ですよね。

生き物と女 第二集虫編の内容とは?

このシリーズには「生きものと女 第二集 虫編弐」という作品があります。

その気になる内容ですが、AV女優さんが、透明のアクリル製バスタブの中に入れて手足を拘束された状態でコオロギやワーム(幼虫みたいな昆虫)を投入されるというのです。

初めは、数匹から始めて最終的には大量に投入されるようですね。

AV女優さんは、「マジ勘弁」や「(虫が体に付くことが)痛い」と文句は言うものの、笑っていたそうです。

生き物と女を検索してはいけない理由がヤバい?

生き物と女は「検索してはいけない」と言われているようですね。

内容が内容だけに、「検索してはいけない言葉」と言われるのは察しはできますがそれ以外に何か検索してはいけない理由があるのでしょうか。

そこで、他にどんな理由があるのか調査してみました。

今回は検索してはいけない理由を3つご紹介します。

スカトロよりもきつい?生き物が大量に死んでいく?

生き物と女がは、スカトロよりもきついと言われています。

どちらもグロいですが、生き物と女はスカトロを上回ると言われているようです。

なんと作品で使われた生き物が、大量に死んでしまうというのです。

生き物の死体が出てくるのは、確かにキツイと感じる方も多いのではないでしょうか。

生き物と女は危険度4ってホント?グロすぎてトラウマになる?

生き物と女は、危険度4と言われているようです。

検索してはいけない言葉をまとめているサイトでは、生き物と女が「危険度4」と設定されていました。

虫を使った鬼畜系AVのシリーズ名。虫や爬虫類を女優の膣に突っ込んだり、体に載せたりしている。バッキーのような例もあるので、女優の泣き叫ぶ姿もリアル。動画を見ると大概の人間が拒否反応を示すが、一体どこの需要に応えたAVなのか…。

出演した女優は自殺したという噂もまことしやかに囁かれている。現在では入手困難でプレミアがついているようだ。

分類:セクシャル グロ 非常識 フォビック
危険度:4

引用元:検索してはいけない言葉アットウィキ

このサイトには感想も一緒に掲載されていますがグロすぎるという感想も見られました。

虫が体に大量に乗せられる光景はトラウマになる方もいるかもしれませんね。

出演した女優が自殺した噂も?

生き物と女では、出演した女優が自殺したという噂があります。

この噂の真相については、真相は明らかになっていません。

ただ、どうやらこの噂を流したのは制作元だという考察があるようです。

制作元が自ら女優が自殺したという噂を流すことで、生き物と女の宣伝にしようとしたと言われているようです。

生き物と女を見ることが出来ない?さらにプレミア価格が付いている?

生き物と女はグロすぎますが、中には見てみたいという方もいらっしゃる少数派の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、生き物と女は今現在見ることが困難と言われているようです。

プレミアムもついているとのことですが、実際はどうなのでしょうか。

生き物と女を見る方法とは?

生き物と女を見るにはどうしたらいいのでしょうか。

どうやら、生き物と女はネットの動画サイトなどで見つけることはできないようです。

ただ、DVDとしては取り扱いはされているようですね。

すなわち現状では生き物と女はDVDでしか見ることが出来ず、ネット上に出回っていません。

生き物と女に超プレミアム価格が付いている?

生き物と女には超プレミアム価格がついているそうです。

実際にDVDを取り扱うサイトで値段を確認したところなんと2〜3万円の値段で買い取りされています。

インディーズアダルトDVD 生きものと女 第二集 虫編 弐
この商品の買取価格 27,000円

引用元:駿河屋.jp

アダルトビデオの値段の相場は普通なら2〜5千円ぐらいですが、それと比較してもかなり高額であるかが分かりますね。

生き物と女は入手困難な伝説のAV?

生き物と女は入手困難な伝説のAVと言われているようです。

そもそも、この作品自体が2004年頃に発売されており20年近く前の古い作品です。

また、ジャンル的にもかなり異色なためDVDの生産数も少なかったのではないかと予測されます。

ネットの中古DVDを取り扱うサイトでは品切れ状態になっているのが多々見受けられます。

生き物と女はトラウマ級のグロさで入所困難なレアモノAV

今回は生き物と女について調査していきました。

生き物と女とは、虫や爬虫類・魚を使ったグロテスクなAVであることが分かりましたね。

実際に視聴した人は、グロテスクだったという感想をもつ方が多かったです。

現在は入手困難で視聴するのも難しいですが、勇気のある人は視聴されてみてはいかがでしょうか。