柴田恭兵が亡くなった? 2024現在病気で激ヤセの真相と息子や嫁の情報を調査!

未分類

1986年から放送されている日本テレビ系「あぶない刑事」で、国民的な俳優に上り詰めた柴田恭兵さん。

年齢を重ね、渋い演技で数々の映画やドラマに出演していた柴田恭兵さんですが、2020年頃に急に痩せたことが話題になり、激やせした彼の写真が拡散されました。

柴田恭兵さんは2005年に息子を亡くしており、自身も肺がんを発病しています。

最近テレビで見かける機会も減り、ネットでは現在も病気で肺がんのステージがあがっているのではないか、柴田恭兵は亡くなったのではないかと噂が流れたのです。

日本中が愛してやまない俳優、柴田恭兵さんの現在にフォーカスをあて、噂の真相や元モデルの嫁、息子や娘など、激やせの真相に迫っていきます。

柴田恭兵は亡くなった?肺がんのステージがヤバかったって本当?

柴田恭兵さんは、2016年映画「さらばあぶない刑事」に出演。

往年のファンをはじめ多くの人が、懐かしのあぶない刑事に魅了されました。

しかしその後、彼は公の場にあまり姿を見せず、以前患っていた肺がんのステージがあがってしまったのではないか、と心配されていたのです。

また一部からは柴田恭兵さんは亡くなってしまったのではないか、とも噂されました。

現在病気だと噂されている、柴田恭兵さんの近状について詳しく見ていきましょう。

柴田恭兵は亡くなった?ヘビースモーカーが原因で肺がんに?

柴田恭兵さんが亡くなったという噂は、単に彼がメディアから遠ざかったからではありません。

2006年7月に肺がんであることが発覚し、摘出手術を受けているからです。

肺がん発見当時、まだ癌は初期の段階で手術後に退院、自宅療養を経て4ヶ月後には仕事に復帰していたといいます。

柴田恭兵さんといえば役柄からヘビースモーカーのイメージがありますが、私生活でもかなりのヘビースモーカーだったようで、肺がんの原因はたばこだったといえます。

国内でがんの死亡率は高く、その中でも上位に入るのが肺がんです。

いうまでもなく、たばこには一酸化炭素やニコチンはじめ、ヒ素やカドミウムなどの癌を引き起こすとされる物質が入っています。

柴田恭兵さんは自身の発がんを受け、たばこはきっぱりとやめたようです。

柴田恭兵の肺がんステージは?

柴田恭兵さんが亡くなったという噂の元になった肺がん

彼は初期段階だったといわれており、おそらくリンパ節などに転移が見られない肺がんステージ1、もしくはがんの周囲のリンパ節にだけ転移している肺がんステージ2だったのではないでしょうか。

右の肺の中でも部位によって上葉、中葉、下葉とわかれて呼ばれますが、柴田恭兵さんは右の上葉部分を少し摘出したようです。

手術後は抗がん剤治療をうけ、仕事にも復帰していました。

柴田恭兵は亡くなったとの噂の原因は痩せすぎた姿だった?

柴田恭兵さんが痩せた、と騒がれだしたのは2020年に公開された映画「コンフィデンスマンJP-プリンセス編-」に出演したあたりからです。

上の写真はその時の写真ですが、確かに頬がぐっとこけてかなり痩せた印象を受けるのではないでしょうか。

この痩せた姿も、現在病気なのではないか、柴田恭兵さんは亡くなったのではないかという噂を広める原因になったのでしょう。

上記は2022年放送のドラマ「両刃の斧」に出演した柴田恭兵さんです。

痩せたと騒がれていましたが、70歳を超えたことを考えると年相応の雰囲気といえるのではないでしょうか。

柴田恭兵は現在病気をしている?肺がんが再発?

柴田恭兵さんに肺がんが見つかったのは2006年7月、この時彼はNHK系「ハゲタカ」の撮影中だったようです。

彼は撮影を継続できず復帰の可能性も不明なので、違う人物で取り直してほしいと願い出たといわれています。

しかしNHK側は柴田恭兵さんの復帰を待つことを選択。

柴田恭兵さんは7月に手術を受け8月には自宅で療養、わずか2ヶ月ほどで撮影現場に姿を現していたようです。

その後、映画「さらばあぶない刑事」や「コンフィデンスマンJP-プリンセス編-」などの映画や数々のドラマに出演しています。

柴田恭兵さんが亡くなったという噂が流れていますが、現在肺がんも再発することなく完治した可能性が高いのではないでしょうか。

柴田恭兵の嫁や息子、娘はいるの?家族の写真はあるの?

年齢を重ねても素敵な男性として多くの支持を集めている柴田恭兵さん。

70歳を境目に痩せた姿が話題になり、一時は柴田恭兵さんが亡くなったとまで噂されていました。

2024年には最新作の「あぶない刑事」が公開されることを受け、彼への注目度がさらに上がっています。

気になる柴田恭兵さんの嫁や息子、娘など家族写真は公開されているのでしょうか。

柴田恭兵の嫁は元モデル?若い頃写真が美人すぎてヤバい?

柴田恭兵さんは30歳の時に1つ年下の元モデル山口加奈さんと結婚しています。

結婚時、山口加奈さんはモデルを辞め一般人だったため、写真はほどんど残されていません

当時流行っていた週刊明星に一度だけ、柴田恭兵さんの嫁として写真が紹介されていたようです。

元モデルということで、ショートカットの似合うかわいらしい雰囲気の女性のようです。

結婚時に、山口加奈さんには連れ子の男児がいる「再婚」だったようで、結婚と同時に柴田恭兵さんは父親になりました。

現在、柴田恭兵事務所で社長しているのは妻の山口加奈さんです。

柴田恭兵現在の家族構成は??息子や娘はいるの?

柴田恭兵さんの嫁となった山口加奈さんには連れ子がいたので、息子となる長男の智大さんとは血がつながっていません。

結婚後の1984年に次男となる鮎さんが生まれ、1987年に初の娘となる長女が生まれますが、娘の名前は公表されていませんでした。

プライベートを明かさないことでも有名な柴田恭兵さん、家族が一般人という事もあり嫁や息子、娘の写真は一切公表していません。

家族構成は子供が3人と嫁、5人家族という事になり、彼の自宅は世田谷区の住宅地にあるようです。

柴田恭兵の息子が死亡?原因は何?

柴田恭兵さんが亡くなったという噂の陰には、悲しい出来事も隠されていました。

亡くなったといわれているのは、息子の鮎さんです。

2004年の12月に心臓発作を起こし、自宅で倒れていたのを知人が見つけたようです。

SNS上では自殺というワードもありますが、当時から自殺という報道は一切なく病気で亡くなったという事です。

亡くなった当時鮎さんは20歳という若さで、気管支喘息の持病がありました。

おそらく気管支喘息の発作が原因で、心臓発作を引き起こしたのではないかといわれています。

柴田恭兵の息子は1人で亡くなっていた?

息子の鮎さんは、九州芸術工科大学に通っていたため遠い地で一人暮らしをしていたようです。

知人は3日間連絡が取れず、心配になって様子を見に行ったと語っています。

心臓発作を起こした時も一人だったようで、誰にも気づかれず息を引き取ったのでしょう。

柴田恭兵さんと山口加奈さんは知らせを受け九州へ飛び、遺体安置所で息子と対面したといわれています。

この悲しいニュースは当時も大きく取り上げられ、柴田恭兵さんが亡くなったという噂に結び付いてしまったのかもしれません。

柴田恭兵の現在とは?「あぶない刑事」がSNSで話題に?

柴田恭兵さんは、これまで息子の死や自身の肺がんなどを乗り越えてきました。

鮎さんが死亡した3ヶ月後にも「あぶない刑事」の撮影が始まっていたといいます。

日本テレビ系で1986年に始まった「あぶない刑事」は、日本中を巻き込み大ヒットを飛ばし、長い時を経て現在も新作が続々誕生しています。

SNSでも年齢を重ねた出演者たちが渋くてかっこいい、と話題を呼んでいました。

柴田恭兵、伝説の刑事ドラマ「あぶない刑事」とは?

歴史に残るヒット作「あぶない刑事」は1986年にスタートしています。

神奈川県警港警察署捜査課に属するタカとユージが、とんでもない事件を起こしながらも事件を解決していくドラマです。

タカを演じるのは名優舘ひろしさん、そして相棒のユージを演じているのが柴田恭兵さんです。

クールで軽いテイストが受け、子供からの人気も高かったといいます。

ドラマが終了しても人気はおさまらず、映画シリーズがスタートしたのです。

  • 1980年「あぶない刑事」
  • 1988年「またまたあぶない刑事」「もっともあぶない刑事」
  • 1996年「あぶない刑事リターンズ」
  • 1998年「あぶない刑事フォーエヴァー」
  • 2005年「まだまだあぶない刑事」
  • 2015年「さらばあぶない刑事」

2015年の「さらばあぶない刑事」でシリーズ完結が宣言されていました。

しかし8年後の今、2024年5月には「帰ってきたあぶない刑事」が公開予定となっています。

柴田恭兵さんは「さらばが最後じゃなかったの?」と彼なりの嬉しさを表現していました。

柴田恭兵さんは72歳、舘ひろしさんは73歳、かつて若手として登場していた仲村トオルさんもすでに58歳。

ファンからは、年を経てもかっこいい出演者たちに注目が集まっています。

あぶない刑事の見どころは?柴田恭兵と舘ひろしの掛け合いがおもしろい?

あぶない刑事の見どころは、やはりタカとユージの絶妙な掛け合いといえます。

お約束のシーンといえばタカ(鷹山敏樹)とユージ(大下勇次)の「ダンディー鷹山」「セクシー大下」というセリフではないでしょうか。

ふたりの掛け合いはまるでコントを見ているようで、ハラハラするアクションシーンでも洗練された遊び心を感じさせてくれます。

また柴田恭兵さんの有名な「関係ないね」というセリフも、あぶない刑事の中で生まれた名言です。

以前、タカを演じる舘ひろしさんは、セリフを1行しか覚えられないことを暴露。

長いセリフが苦手だった舘ひろしさんは、3行が限界で3行言った後はカメラに背を向けるのだそう。

そして、後にアフレコを入れていたと語っていました。

公開を控えた「帰ってきたあぶない刑事」にSNS上では、サングラスをかけたとたんにタカとユージになる!と待ちわびる声が多数あがっています。

新作「帰ってきたあぶない刑事」の中でも二人の掛け合いは健在のようです。

柴田恭兵は現在全国を講演で回っている?芸能以外の意外な仕事とは?

柴田恭兵さんは以前に比べ、少しメディアへの出演を控えているようです。

一説では、全国あちらこちらで開かれているイベントや講演会などにゲスト出演しているのではないか、といわれています。

これまでプライベートなことを多く語らなかった柴田恭兵さんなので、家族のことを語ることはないかもしれませんが、芸能活動の経験談などを語ってくれるかもしれません。

高齢という事もあり、仕事の量を減らしつつ今後も活躍を続けてほしいものです。

柴田恭兵は亡くなっておらず新作映画に出演!

柴田恭兵さんが亡くなった、という噂が流れていましたが、72歳をむかえた今も彼は切れのあるセリフで現役の俳優をやっています。

また、急に痩せたことから現在病気なのではないかともいわれていましたが、肺がんは完治しているようで、元気な姿で新作映画に向け活動していました。

「あぶない刑事」新作公開への期待が高まる今、柴田恭兵さんの変わらぬ軽快な演技から目が離せません。