伊原六花が可愛くないと言われる理由7選がヤバい?!高校時代からモテてた!?

未分類

伊原六花さんといえば、萩野目洋子さんの「ダンシング・ヒーロー」の曲に合わせた、どこか懐かしい「バブリーダンス」で一世を風靡し有名になりました。

そんな伊原六花さんが芸能界入りすると、とんとん拍子にドラマやバラエティ番組など出演し、話題を呼んでいます。

培ってきたダンスや身のこなしはもちろんのこと、演技力の高さでも高評価な彼女。

しかし、「かわいい」「美人になった」という意見がある一方で「可愛くない」といった声もあるようです。

今回は伊原六花さんの可愛くないといわれる理由に言及しながら、高校時代からの変化についてもご紹介していきます!

伊原六花は可愛い?それとも可愛くない!?

伊原六花さんはさまざまな作品に引っ張りだこの今注目の女優といっても過言ではないでしょう。

芸歴が浅いのにも関わらず、NHKの連続テレビ小説には「なつぞら」「ブギウギ」に出演するなど存在感を示していますよね。

キュートな笑顔と溌溂(はつらつ)とした雰囲気を持つ彼女に元気をもらっているファンは多いのではないでしょうか。

そんな伊原六花さんについて巷での意見を一挙ご紹介していきます!

伊原六花のプロフィールとは?

まずは伊原六花さんのプロフィールをご紹介します。

  • 芸名:伊原 六花(いはら りっか)
  • 本名:林 沙耶(はやし さや)
  • 生年月日:1999年6月2日
  • 身長:160㎝
  • 出身地:大阪府大阪狭山市
  • 特技:バレエ
  • 所属事務所:フォスター
  • SNS:Instagaram X YouTube

4歳よりバレエを、9~13歳の頃には「子どもミュージカル」に所属しダンスとコーラスの習い事をしていました。

2012年にはミュージカル出演を果たし、エンターテイナーとしての礎を築いていきます。

2015年に堺市にある大阪府立登美丘高等学校普通科に進学、振付師akaneが指導するダンス部に入部しており、高校3年生のときにはキャプテンを務めていました。

実はもともと部長だったようですが、上手くいかなかったためダンスリーダーであるキャプテンに就任したのだとか。

さすが部員数が100人近いダンス部ですよね。

2017年8月の日本高校ダンス部選手権ではセンターを務め、披露した「バブリーダンス」が注目されました。

 本大会では全国大会準優勝という結果でしたが、さまざまなメディアで取り上げられるようになり、知名度を上げています。

同年の10月の高校在学中に、広瀬アリス・すず姉妹も所属する芸能事務所・フォスターにスカウトされました。

2018年には「伊原六花」の名で芸能活動を開始し、テレビドラマやバラエティ番組などで活躍の場を広げています。

ちなみに芸名の理由は言及されていませんが、

  1. 六花は「雪」の別名で、本人は雪が好き
  2. 「六」は誕生月

などとネット上では推測されているようです。

伊原六花が可愛い!との声を紹介!

幼い頃より磨かれた才能は、現在の伊原六花さんの活動に大きく関連しているようです。

そんな彼女について「かわいい」という声について見ていきましょう。

伊原六花さんは演技力が必要なドラマや映画だけでなく、バラエティ番組に出演することも多いです。

そういった場面において、

  • 飾っていないところが好感!
  • くしゃっとした笑顔がかわいい
  • 他の出演者への配慮がスゴイ!

など人柄や笑顔自体がかわいいといった意見が多数ありました。

さらに、デビュー後もロングヘアの印象が強かった伊原六花さんが2021年4月にショートヘアにイメージチェンジしました。

なんでも高校時代はツーブロックなど個性を前面に出した髪型をしていたものの、上京してからはずっとロングヘアだったのだとか。

このショートヘアが似合っているとして「かわいい!マネしたい!」という声もSNS上で上がっています。

イメチェンにより役の幅も広がっているようです。

伊原六花が可愛くない!との声を紹介!

かわいいという声がある一方で「可愛くない」という声もありました。

「なんとなく可愛くない」「芸能人のような可愛さじゃない」といった声があるようです。

可愛さは好みの問題でもあるため、一定数「可愛くない」という意見があるのもあたり間瀬かもしれません。

とはいえ、圧倒的に「かわいい」という意見が多く、伊原六花さんの人気が伺えますね。

伊原六花が可愛くないと言われる理由7選を紹介!

2023年10月公開の映画「リゾートバイト」では主演を果たし、さらに話題を呼んでいる伊原六花さん。

これまでの可愛さを残しつつも、最近では大人な雰囲気を纏い、魅了されるファンは多いのではないでしょうか。

そんな伊原六花さんが「可愛くない」という意見は少数です。

しかし、少数ながらも囁かれてしまうのは一体なぜでしょうか。

ここからは伊原六花さんが可愛くないといわれる理由について7つ解説していきます。

伊原六花が可愛くないと言われる理由①顔がタイプじゃない

1つ目の理由としては「顔がタイプじゃない」とのこと。

同じ芸能人を見ても人それぞれ感じ方は違うでしょう。

好みのタイプであれば無条件に好感が持てるといわれています。

顔がタイプじゃない人はもともと伊原六花さん自体がタイプではない可能性は大いにありますよね。

伊原六花が可愛くないと言われる理由②CMのイメージが悪い

ドラマや映画だけでなく、CMにも多く出演している伊原六花さん。

実は以前「グーネット」のイメージキャラクターに就任しCMに出演していました。

そのCMにより「嫌い」「可愛くない」といった声があがってしまったというのです。

特定のことを繰り返し行うことで印象を強く与える心理効果「ザイオンス効果」というものが多くのCMに取り入れられています。

これにより、いい印象が残る人もいれば「飽きた」「押しつけ感がスゴイ」という意見を持ってしまう人も少なくないでしょう。

「グーネット」のCMでは伊原六花さんの特技やアクティブさを表現したものでしたが、繰り返されるCMに嫌気が差し「可愛くない」という意見が出たようです。

しかし、SNS上では「このCMの子かわいい!」といった声も多く上がっていました。

伊原六花が可愛くないと言われる理由③太っている時期のイメージ

3つ目は「太っている時期のイメージがある」という理由が挙げられます。

高校在学中にスカウトされ、芸能界入りをしている伊原六花さんですが、登美丘高校時代やデビュー当時はは今と比べてややふっくらしているようです。

年齢を重ねるにつれ、輪郭もスッキリし、もともと美人といわれていたも鼻立ちもくっきりしてきたといわれています。

そのため、高校時代やデビュー当時を知る人は「昔の印象が強くてかわいいとは思えない」といった意見もあるようです。

伊原六花が可愛くないと言われる理由④鼻のバランスが悪い

ダンス部に所属している際には「可愛すぎるキャプテン」としても話題となりました。

しかし、なかには「鼻のバランスが悪く、かわいいと思えない」という意見もあるようです。

鼻のバランス悪いとはどういったことなのでしょう?

SNS上で調べたところ、

  • 鼻筋がない
  • やや団子鼻に見えるときがある

といった意見がありました。

顔の印象をスッキリ見せるために整形により鼻筋を作る芸能人もいるため、「鼻筋」は注目される点なのかもしれません。

また「団子鼻」は、高校生時代の写真などで写る角度について言われることが多く、下からのアングルはやや団子鼻に見えたためのようです。

伊原六花が可愛くないと言われる理由⑤調子に乗ってる

5つ目には「調子に乗っている」という理由が挙げられています。

これには、もともとダンスの上手い高校生、すなわち「一般人」として注目されていたのにも関わらず、芸能人になったことが大きいのだとか。

シンデレラストーリーのような経歴を歩んできた伊原六花さんに対して「調子に乗っている」と思っている人もいるようです。

ただし、実際に横柄な態度をとっているなどの情報はなく、謙虚に活動している伊原六花さんに好感を持っている人が多く、一部のアンチからの意見かもしれませんね。

伊原六花が可愛くないと言われる理由⑥おでこが広い

「鼻のバランス」に続き、「おでこが広い」という身体的理由によって可愛くないと思っている人もいました。

伊原六花さんの写真にはおでこが広く見えるものがあり、これを見た人が可愛くないと感じたようです。

おでこが広く見える原因はズバリ「髪型」によるものが大きいようでした。

ロングヘア時代には分け目、ショートヘアになってからはオールバックにしたときなどに「おでこが広い」といわれがちです。

しかし「おでこが広い」とは、

  • 顔のバランスが良く見える
  • 明るい印象を与える

などのメリットがあり、ネガティブなイメージだけではありませんので一概に可愛くないとも言えませんよね。

伊原六花が可愛くないと言われる理由⑦僻み

最後の理由として「僻み」により可愛くないといわれているというもの。

これは「可愛くないのに芸能界に入っている」といった一部の人からの僻みとされています。

2018年の芸能界入りから5年以上が経過しています。

移り変わりの激しい芸能界では「芸」がなければ淘汰され、問題を起こせばいくら好感度の高い人であっても居場所を失います。

実力がなければすでに芸能界から消えていてもおかしくはありませんよね。

最初こそバブリーダンスで注目を浴びたとしても、活躍の場を拡げられたのは彼女自身の実力であることは間違いないでしょう。

伊原六花は昔より可愛い!?画像付きで変化を紹介!

伊原六花さんが可愛くないといわれる理由は、主観的な意見がほとんどであり、大多数のファンや視聴者から「かわいい」と評判です。

さらに注目すべきは、「昔より可愛くなった」という意見が多いことでしょう。

ここからは伊原六花さんの可愛さの変化について解説していきます。

こちらはメディアで話題になった、2017年に披露したバブリーダンスの衣装をまとった伊原六花さんです。

このころは芸能活動もしていないため本名で紹介されていますが、「可愛すぎるキャプテン」として有名になりました。

派手なメイクと衣装により、すっぴんの伊原六花さんはわかりづらいですが可愛さは伝わりますよね。

バブリーダンスにより登美丘高校が注目されると、さまざまなメディアで多く取り上げられるようになります。

派手メイクではなく、すっぴんに近いお顔はかわいい印象を受けますよね。

可愛くないという理由に、伊原六花さんの高校時代の写真・映像写りについても挙げられていましたが切り取り方が悪かっただけの可能性もありそうですよね。

こちらの画像では、ややふっくらとした輪郭の印象を受けるのではないでしょうか。

まだ高校生らしさもあり、目が細くなり、口角が目いっぱい上がっている姿が特徴的でしょう。

これだけの可愛さを持ち合わせた伊原六花さんですので、高校時代もモテたといわれています。

ちなみに彼氏がいたのか、交際していたのかについては情報はありませんでした。

ダンス部での練習は、

  • 朝練:1時間
  • 昼練:30分
  • 放課後:3時間以上
  • 大会前:13時間ほど

と多忙をきわめていたため、交際といった時間を費やすことはなかった可能性が高いですね。

2018年から正式に芸能界で活動をスタートし、CMにも多数出演しました。

さらに同年7月から放送の土屋太鳳さん主演の「チア☆ダン」にも出演し、女優デビュー。

得意のダンスが余すところなく披露されていました。

2019年には、連続テレビ小説「なつぞら」に出演し、さらに話題になりました。

その後も話題のドラマに出演し、演技力の高さでも高評価を得ています。

2023年放送の「ブギウギ」では、主演の趣里さんが演じる福来スズ子とともに奮闘する、同じく踊りてである秋山美月役を好演しました。

2023年10月公開の映画「リゾートバイト」では主演に抜擢。

島を舞台にしたホラー映画で、伊原六花さんは等身大の女子大生を演じました。

実は、活動の場は演技の場だけではありません。

2018年、2019年、2022年に自身の写真集を発売していて、それぞれで水着姿を披露しています。

①2018年発売「rikka」

②2019年発売「sáu hoa」

③2022年発売「R22」

水着姿は、鍛えられ引き締まった体とスタイルの良さが垣間見えますよね。

最初の発売から4年ほど経っていますが、体型は変わらず、表情などがやや大人びた印象を受けるのではないでしょうか。

実はこの水着を披露している写真集は重版されるほど話題になっています。

また自身のインスタでは大胆な背中出しショットも披露しており、美人さ、綺麗さにさらに磨きがかかっていることがわかるでしょう。

伊原六花が可愛くないという意見は少数!成長して美人化が止まらない!

マルチな活躍を見せる伊原六花さんが「可愛くない」といわれる理由について解説しました。

理由のほとんどは個人の好みの問題であり、大多数からは「かわいい」という声が上がっており、人気を博しています。

芸歴は短くても、幼いころからのさまざまな経験や努力によって活動の場を広げた伊原六花さんは、さらに活躍していくこと間違いないでしょう。

またSNSではたくさんのオフショットも投稿されており、可愛さが詰め込まれた普段の伊原六花さんを見ることができますよ。

今後の動向についてぜひチェックしてみてください!