infp-tがクズで嫌われる理由15選【性格まとめ】!うざくて性格が悪い社会不適合者!?

未分類

infp-tとは有名な16タイプ診断「MBTI」の性格のタイプの1つを表します。

これは心理学者ユングの理論をもとに作られた診断で、

  1. エネルギーの向き
  2. 情報の取り扱い方法
  3. 意思決定の基準
  4. 生き方のスタイル

の4つの項目のそれぞれ2つの異なる側面から、16通りの組み合わせで診断されます。

診断と聞くと、どんなイメージをお持ちでしょうか?

医師の診断、その診断によるアドバイスは信用するようにそこには根拠がありますね。

このように心理学や医学の専門家によって科学的に根拠がある方法で行われる診断の一種で、「MBTI」ではinfpは内向的で抽象的な概念を好み、感情的で柔軟なタイプを表します。

infp-tは「仲介者」タイプを指しますが、このタイプの人はどういった特徴があるのでしょうか?

内向的で集団行動を好まない性格なので、性格が悪い、社会不適合者と思われているのかもしれません。

実際「MBTI」テストを受けて、infp-tと出てきた人が本当にクズなのかについてもご紹介していきます。

infp-tとは?クズのレッテルの背景

なぜ、infp-tは嫌われるといわれるのでしょう。

「MBTI」の中でもinfp-tに該当する人の割合が一番多いということもクズというレッテルの背景に関係があるのでしょうか。

他の15の型と比べてもInfp-tの割合は約20%なので、身近にこの特徴の人がいる確率は高いかもしれません。

もちろん、性格は相性もありますし、悪い面だけではなく、良い面もあるのが人の性格ではありますね。

まずはinfp-tの基本的な特徴を見ていきましょう。

infp-tの基本的な特徴を紹介!

そもそも「infp」は仲介者タイプで、基本的な特徴については思慮深く独創性が高いとされており、どちらかというとカウンセラーや研究者に向いている性格のようです。

研究者というとオタク気質、職人気質をイメージされる方も多いのではないでしょうか。

控えめで静かそうに見えますが、心の中は情熱であふれており、共感力が高く慈悲深いのと理想主義者であるのが主な特徴です。

実は、さらにinfp-Aとinfp-Tにわけられています。

A:穏やかなこころの持ち主で社会に馴染みやすい

T:は社会での自分のあり方に疑問を持ち、否定的な感情に支配されやすい

infp-tは他人からの干渉を嫌い、怖くて、暗いイメージを連想しますね。

infp-tと検索すると「ヤバい」「相性」「珍しい」といったワードが出てきますが、どういうことか気になる方も多いことでしょう。

細かく見ていきたいと思います。

infp-tが「クズ」な理由15選!うざくて性格が悪い?

infp-tの性格はカウンセラーや研究者タイプということで、一人でコツコツと好きな分野に取り組む、好奇心旺盛で、気にいったら一つのことにひたすら深くはまり込んでしまうといった面もあります。

悪いイメージは感じませんが、infp-tはクズと言われているようです。

その特徴はどのようなところに隠れているのでしょうか、また、うざくて性格が悪いのが根本にありそうなので調べていきます。

infp-tがクズな理由は何なのでしょうか。

infp-tのクズ理由①優柔不断

infp-tは思慮深く、他者を尊重できるので、心の優しい性格です。

控えめで目立った行動はしませんが、いざという特にはその力を発揮するタイプでもあります。

しかし、自分で決められないという欠点があり、それは責任を負う事をプレッシャーと感じるためで、結果的に決断を怖がります。

そのため、自分で決めなければいけない場面では時間がかかってしまい、悩んだ挙句、結果はいつも悪い方に、その繰り返しに陥いり、生きづらさを感じることも。

周りには自分の意見がない人と思われてしまうようです。

infp-tのクズ理由②感受性が高すぎる

infp-tは感受性が高いです。

そのため周りや環境に左右され、傷つきやすく、人間関係をはじめ、さまざまな要因でストレスをためやすい傾向があります。

他者の気持ちを感じ取り、共感力は高いものの内省的で、1人の時間を大切にし、新しいコミュニティに参加したり、新しい友人を作ったりするのに消極的なところがあります。

繊細がゆえに精神的に弱く、1人でいる方がストレスがないので、人間関係の構築が得意ではありません。

infp-tのクズ理由③自己評価が低い

infp-tは自己評価が低いという特徴もあります。

自分の可能性を信じている一方で、自分に対して非現実的な期待を抱くケースもあり、それが達成できないと自己否定的になってしまうケースも少なくありません。

自分が利己的で無価値だといったように、ネガティブな評価をしてしまう場合があり、このような時は他者を軽視したり、無視したりしてしまうといったことがあるのかもしれませんね。

infp-tのクズ理由④現実逃避の達人?

infp-tは現実逃避の達人といわれています。

自分の思い描く理想や目標を達成できないと、自分を必要以上に責めてしまう傾向があり、他者の良いところを見ようとする一方で、自分にはネガティブで落ち込みやすいという特徴があるので注意が必要です。

困難な状況に立ち向かうことができることが強みではありますが、理想主義者であるにも関わらず、ネガティブに物事をとらえてしまいます。

infp-tのクズ理由⑤目標を見失いがち

また、そのネガティブ思考は悪い方向に向かってしまいますので注意が必要です。

infp-tの人は傷つきやすく、良くない方向に行くと自分の欠点ばかりに目が向いてしまうこともあり、理想主義で自分の価値観をとても大切にするので、他者に否定されるとすごく落ち込むのが特徴です。

周りに気を配れる反面、つい自分のことを後回しにして疲弊してしまうといった面があります。

infp-tのクズ理由⑥人見知りの極み?

infp-tの人は他者のためになりたいという思いやりはあります。

しかし、自分から相手に心を開くのには時間がかかりますので、人前で話すことが苦手で、積極性にかける性格です。

人間関係は第一印象で判断されてしまいがちですが、一定の距離を保ちながらゆっくりと人間関係を構築していくので、その為、他者との距離が縮まらないのかもしれません。

逆にinfp-Aの特徴は積極的で、初対面の人とも打ち解けられ、tとAの2つのタイプがinfpにはあります。

性格の側面は変わりはないようですが若干の違いは、

  • 自分の考えや意見を主張できる
  • ポジティブ思考
  • 後先考えず行動しがち
  • 飽きっぽい

ところです。

infp-tのクズ理由⑦直感的で現実離れしている

独自の感性を発揮させて、頭の中にあるものを形にして表現していくのが得意なのもinfp-tの特徴です。

想像力豊かで様々な視点から物事を考え、型にはまらないアイデアで次々と新たな可能性を拓いていきます。

プラス面ではありますか、あまりにも現実離れしてしまい、理解されないことがあるのかもしれません。

さらには、行動が特殊で、他者には理解し難いような行動もしてしまいます。

想像力豊かで独創的な感性を持つため、アーティスト・作家・芸術家の分野でも活躍する人も珍しくはないそうです。

infp-tのクズ理由⑧論理的思考の欠如

infp-tの性格は内向的でおとなしく、物事の見方は直感型で、意思決定の仕方は感情型に当てはまります。

思考型で判断型な論理的思考とは逆に、感情的思考のタイプです。

感情的思考に走りすぎて、理性を失い、周りに迷惑をかけるといったことがあるのかもしれません。

冷静に判断できなくなり、内省し、自分は利己的だと後悔して落ち込んでしまうのでしょうか。

infp-tがクズと言われる理由にこの感情型(infpのfの要素)が関係しているのではないかという意見も見受けられます。

infp-tのクズ理由⑨頑固すぎてうざい?

理想主義者なので自分の目標や理想に対しての考えに頑固な部分があります。

そして、自分の信念や価値観を曲げず、強く固執します。

それは、特に男性のinfp-tの場合は融通が利かない頑固者とうざいといわれがちで、女性は逆に芯が強いと得をすることが多い型のようです。

よくも悪くもある一面のようですね。

infp-tのクズ理由⑩神経質すぎる

infp-tが神経質すぎるのは繊細な性格で感受性が関係しています。

感受性が強いので普通の人より些細な事でも感じ取り、気にしてしまうのが原因です。

ストレスを感じやすく、疲弊してしまう負の連鎖から抜け出せなくなることもあるのだとか。

さらには一つの事にこだわりが強い、共感性が強く、感情の起伏が激しいのも神経質すぎる特徴と言えます。

infp-tのクズ理由⑪自己中心的

infpの夫が自己中心的だというブログがありました。

控えめで他者の事を気にするあまり自己主張ができなかったり、他者と意見のぶつかり合いを気にするIinfpの夫。

しかし、割と気の置ける間柄になると妻の気持ちをそっちのけで抱えている問題を丸投げしてくるそうです。

そして、自分だけスッキリして、議論とかもせずに、妻はモヤモヤを抱えて困っていて、話して解決する夫と解決方法を見つけたい妻との性格の違いです。

また、夫は言いたいことだけ優先して内容がおろそかになるといった感情型の思考で相手の気持ちを無視してしまうようです。

夫婦という関係性もあるかもしれませんが、塵も積もれば山となり、不満が爆発して離婚なんてことにならないよう注意したいですね。

ちなみに二人の相性は妻がisfjの擁護者型なので、お互いに支え合える、価値観を尊重し合える良好な関係性なのだそう。

infp-tのクズ理由⑫いつもブレブレ?

infp-tの人は自分の軸が他者の意見によってブレてしまいます。

意見を否定されるとすごく落ち込むネガティブ面や自己主張ができず、他者との意見のぶつかり合いをすごく気にする性格です。

そのため、意見を求められると発言に困ったり、考えがなかったりと悩むので、感情の軸もブレブレです。

infp-tがクズなのはやはり感情面が強いのでしょうか。

infp-tのクズ理由⑬他者に依存している

infp-tの人は、他者に依存してしまいます。

と言いますのも、一つには人見知りで他者との距離感を縮めることが苦手で、そのため心を開ける人は貴重なので、依存しやすくなってしまいます。

二つ目は、自分を犠牲にしてでも、相手に寄り添ってしまう依存度の高さです。

他者を優先してしまい、自分は疲弊してしまう特徴をそなえているので注意が必要です。

また、恋愛に依存しやすい傾向もあるため、ウザイくて性格が悪いと思われるのかもしれませんね。

infp-tのクズ理由⑭責任感ゼロ?

infp-tは責任感がありません。

その理由は理想主義者で自分の力以上の事を引き受けて、それが達成できないとプレッシャーに押しつぶされてしまう性格が関係しているようです。

結果、病んでしまい、他者に迷惑をかけるのがクズ理由かもしれませんね。

infp-tのクズ理由⑮慎重すぎる

優柔不断な部分と関係しているかもしれませんが、infp-tの人は慎重になりすぎて判断に迷ってしまうことがあります。

たとえば、買い物で何を買うか迷ったり、選択に時間がかかってしまうのが欠点で、一人では問題ありませんが、誰かと一緒の場合は困ってしまいますね。

後悔したくないという気持ちや失敗したくないという気持ちが強いのでそうなってしまいます。

infp-tの真の強みと能力5選!

infp-tの人がクズな理由を見てきましたがいかがでしたでしょうか。

社交性が低く、人間関係に人一倍繊細なため、それが仇となって、うざくて性格が悪いという印象を与えてしまう所以なのかもしれません。

しかし、カウンセラーや研究者タイプであるがゆえのメリットもあります。

ここからはinfp-tの真の強みと能力について見ていきます。

強み①本当に心が広くて理解力が高い?

infp-tの人は、他者の感情や考えていることを感じ取る力が強いです。

他者の喜びや高揚感、悲しみや後悔などを自分のことのように受け止める力があります。

カウンセラータイプで、傾聴力に長け、その場に応じたコミュニケーションをとっていける特徴があり、誠実な態度で真剣に話を聞けるので、周りから信頼されるようになれるのが強みです。

強み②芸術的センスと表現力!

infp-tは型にはまらないアイデアで次々と新たな可能性を拓いていきます。

その為、周りからはクリエイティブと評されることも多いようです。

想像力豊かで独創的な感性を持つこの特性はアーティスト・作家・芸術家にも多いのが特徴です。

強み③実は最も共感的?

infp-tは、様々な物事に対して感情移入しやすい特徴があります。

他者の感情に敏感で、周りからの影響を受けやすい性格です。

楽しい気分の人といる時はハッピーな気持ちになれますが、落ち込んでいる人と一緒にいると暗くなってしまうことがあります。

繊細に人の気持ちを感じ取ったり、共感できるのが強みです。

しかし、裏返せば、状況や人の言葉などで心が動かされやすいという「諸刃の剣」になってしまいます。

強み④何事にも熱心に取り組む!

infp-tは自分の理想を実現するために行動できる人です。

その為、夢や希望を追い求め、そこに向かって熱心に取り組むことができます。

仮に、困難な問題が起こったとしても逃げずに、前向きに進んでいけるのが特徴です。

自分を貫き、周囲に負けない強さも必要ですね。

強み⑤想像以上に想像的?

また、infp-tの人は固定概念にとらわれず自由な発想で物事を考える思考の持ち主です。

他者が途中であきらめてしまったことやできないようなことを実現する可能性もあります。

想像力豊かで様々な視点から物事を考えるのが得意です。

infp -tは内向的だけど共感性もある特殊な性格!

infp-tの人のクズな理由は内向的だけど共感性もある特殊の性格にあるようで、そんな一面がうざくて性格が悪いと思われてしまうようです。

  • 他者を尊重できるため、社交的と思われてしまう
  • 感情に左右される弱いメンタル面も大きい
  • 他者に依存しやすい傾向もある
  • 変わり物で生きづらさを感じている

しかし、真の強さや能力があることも分かりました。

今回はinfp-tについて解説していますが、MBTI診断の他の分類もメリット、デメリットが確実にあり、それは完璧な人間がいないことを示しています。

それぞれが自分を理解し、自分に合ったライフスタイルや考え方を摸索する必要がありそうですね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。