ランチの女王が再放送できない理由6選!無料配信で見る方法はある?

未分類

2002年にフジテレビの月曜9時(通称月9)で放送されて大ヒットしたランチの女王というドラマを覚えていますか?

しかしこのランチの女王は、諸般の事情によって再放送が難しい状況になっていると言う噂があることがわかりました。

そして理由については、出演者の問題や著作権の問題など、色々と細かい理由があることが原因で再放送が難しくなっているとされています。

近年はサブスクで過去のドラマが見れますが、上記のような問題からランチの女王はサブスクでも見れないのでしょうか?

今回は、ランチの女王の再放送できない事情とサブスクでドラマを見る方法について解説します。

ランチの女王は再放送されていない?!過去の放送履歴を解説!

2002年に放送され大ヒットしたドラマ、ランチの女王はその後何度か夕方の時間に再放送されました。

しかし近年は、ほとんど再放送されることなく現在まで至っています

出演者も豪華で、現在でもネットでは「面白い」と高い評価を得ているランチの女王ですが、再放送がほとんどされていないことに疑問の声を持つ人も多くいることがわかりました。

一体ランチの女王の再放送は、どうなってしまったのでしょうか?

ここからは、ランチの女王の過去の放送履歴に関して解説します。

ランチの女王は見られなくなった?

ランチの女王は、2002年の夏にフジテレビの月9で放送されていたドラマです。

放送当時から話題を呼んで人気のあったドラマで、2006年くらいまでは平日に再放送されていました。

しかしそれ以降は、夕方の時間に再放送されることはなくなり、テレビで見ることは不可能に近い状況になっています。

ただ、テレビでは見れなくなってしまいましたが、近年はサブスクのアマプラでも配信されていて、そこからドラマを見ることは可能です。

またDVDも発売されているので、そこから見ることもできます。

ランチの女王が再放送できない理由6選!出演者が逮捕された?!

ランチの女王がテレビで再放送されなくなった理由に関して、再放送の視聴率が悪かったり出演者が逮捕されたなどのネガティブな噂があることがわかりました。

他にも劇中に、現代に相応しくない表現があったり、音楽の著作権など細かい問題があるために再放送が難しくなっているという噂があります。

一体どんな理由で、再放送が難しくなってしまったのでしょうか?

ここからは、ランチの女王の再放送が難しくなった理由を6つ紹介します。

ランチの女王が再放送できない理由①:視聴率が悪すぎる!

ランチの女王が再放送されない理由の1つとして、視聴率が悪すぎたことが理由になっていることがわかりました。

しかし、リアルタイムで放送された際の視聴率を見てみると、平均視聴率は19.1%となっていてそこまで悪いと言うわけではありません

現在からするとこの数字はかなり高い数字に見えますが、当時は人気ドラマだったら20%の平均視聴率はマークしておくべき数字だったので、当時の価値観から見れば低い数字だったのです。

ただドラマ自体のクオリティーは高い評価を受けていて、放送後は第34回ザテレビジョンドラマアカデミー賞で5つの部門賞を獲得しました。

そのため、再放送がされない理由に視聴率はあまり関係がないのかもしれません。

ランチの女王が再放送できない理由②:出演者に問題あり?!

ランチの女王が再放送できない理由の2つ目に、出演者の問題があります。

なかでも鍋島光四郎を演じている山下智久さんは、現在ジャニーズ事務所(現SMILE-UP)を退所したことから再放送が難しくなっていることがわかりました。

なぜなら、旧ジャニーズ事務所では退所したタレントが出演しているドラマの再放送ができないと言う決まりがあったからです。

現在山下さんは普通に芸能活動をしていますが、過去の関係者の許可を得るのが難しい状況になっているので再放送は困難になっています。

また一部で、出演者が逮捕されたということで再放送が難しいとの噂が出ました。

しかし正確には最終回で森田剛さん演じる矢崎修史が劇中で逮捕されたというストーリーがあったために「逮捕」という言葉が出演者の逮捕へと事実がねじ曲げられたためです。

2024年現在、亡くなったキャストもいますが逮捕者は1人も出ていません。

ランチの女王が再放送できない理由③:放送禁止の内容が多すぎる!

ランチの女王は2002年に放送されており、今から20年以上も前に放送されたドラマとなっています。

そのため台詞の中には、コンプライアンスなどの問題で現代に相応しくない表現も多くあることが判明しました。

こうした細かいことがきっかけとなって、段々と再放送が難しくなってきたという背景があるようです。

この他にも、2020年の9月に主演だった竹内結子さんが非業の死を遂げてしまったことも、ドラマの再放送を難しくしてしまっているとされてます。

時代の流れなどもあるので、ある意味では仕方がないのかもしれませんね。

ランチの女王が再放送できない理由④:スポンサーのメリットがない!

ランチの女王が再放送されない理由の4つ目は、スポンサーにとって放送するメリットが見つからないということです。

テレビ業界では過去のドラマを再放送する際に、当時スポンサーになっていた企業に許可をもらう必要があります。

しかし、ランチの女王は放送からすでに20年以上経過していることで、当時のCMが現在のサービスと一致していないと判断されるとスポンサーの許可が出ず再放送できなくなる場合があるのです。

こうなると放送をするメリットがスポンサーになくなってしまうので、ランチの女王は再放送されないのでは?とも推測されています。

ランチの女王が再放送できない理由⑤:音楽の著作権が厳しい!

ランチの女王の再放送が難しいとされる理由の5つ目は、劇中で使用されている音楽の著作権問題があると言われています。

このドラマの主題歌は、スリー・ドッグ・ナイトというアメリカのロックバンドの大ヒット曲「Joy To The World」です。

他にも挿入歌があって、井上陽水さんの「森林処女林」や、シンガーソングライターのLeyonaさんが歌った「Joy To The World」など多くの楽曲が使用されました。

これらの音楽の著作権が複雑に絡みあっていることと、主題歌が洋楽ということもあって音楽の使用に関してはかなりややこしくなっています。

こうした著作権問題も、再放送を難しくしている要因なのかもしれませんね。

ランチの女王が再放送できない理由⑥:面白くなくてイライラするとの声!

ランチの女王が再放送されない理由の6つ目は、そもそもドラマの内容がつまらないという声があることです。

このドラマは、多少ではありますが話の展開が強引な部分もあるとされています。

ストーリーを無理やり食べ物に例えたりするのが無理やりすぎる、登場人物が爽やかすぎるなど、一部の批判は感情的な部分に左右されているようです。

もちろんドラマの内容は人それぞれ好き嫌いがありますが、これまで何回も再放送されてきたので、やはり人気のある作品といえるでしょう。

作品が再放送できなくなったのは、ただドラマがつまらなくなったのではなく、上記に紹介してきた大人の事情も絡んでいる可能性が高そうですね。

ランチの女王を無料で見る方法を解説!サブスク配信されてる?

2002年に放送されたランチの女王は、2006年頃を境にほとんど再放送されることはなくなってしまいました。

しかし現在、ランチの女王はネットのサブスクでは配信がされていて現在でも無料で配信されています。

果たして、どのサブスクサイトで見ることができるのでしょうか?

ここからは、ランチの女王が配信されているサブスクサイトについて解説していきます。

ランチの女王を無料で見る方法は?

2024年2月、フジテレビはTVerとFODで過去の名作ドラマを配信することを発表しました。

その中にはランチの女王も含まれていて、初めてのネット配信ということでかつての視聴者の胸を熱くさせたのです。

2020年9月に主役の竹内結子さんが亡くなったことで、もう配信などはできないのでは?ともされていたので、当時ドラマを見ていたファンからの反響も凄く、SNSで瞬く間にトレンド入りしました。

アマゾンプライムのコンテンツの1つであるFODでは、月額976円で視聴が可能です。

それに対し、TVerでは無料で視聴ができます。

ただしこちらは2024年3月24日までの配信となっていて、それ以降配信が継続されるのかは未定です。

ランチの女王はテレビではなくサブスクで現在でも視聴可能!

今回は、2002年にフジテレビで放送されたドラマ「ランチの女王」が再放送できなくなった理由と、ドラマの視聴方法について解説してきました。

現在ランチの女王は、使用音楽の著作権や出演者の問題などがあって再放送が難しい状況です。

しかし、アマゾンプライムのFODでは月額料金を支払うことで、ドラマを見ることができます。

またDVDも発売しているので、そこから見ることも可能です。

豪華な出演者で名作と語り継がれているドラマでもありますので、今後も多くの人に見られ続ける作品であってほしいですね!