マギの打ち切り理由がヤバい?理由6選とアニメの最終回がひどいって本当?!

未分類

少年冒険漫画として人気作品の「マギ」がアニメ化になり、原作ファンとしてはアニメでどう描かれるのかが楽しみですよね。

そんな「マギ」がアニメ化になり、どこまで伏線回収されるか期待が高まる中で、ダビデとシンドバッドの最後の戦いが最終回で描かれていましたが、残念な声が多かったようです。

原作ファンからは「アニメひどい」や「3期は期待できない」などの声が、作者のもとに集まったようですね。

そこでマギ打ち切りの理由がネット上で噂されているようなので、紹介していきますのでご覧ください。

マギの打ち切り理由はなぜ?原作と違いすぎて3期制作打ち切りへ?!

マギの原作がアニメ化になりワクワクしたファンの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、いざアニメが開始されるとネット上では「原作と違う」「アニメひどい」などの声が多数存在してしまっていたようですね。

アニメの放送後もファンからの残念な声が多かったことが、3期のアニメ「マギ」打ち切りの理由になってしまったのではと噂されています。

ここからはマギ打ち切り理由と共に、マギってどんな漫画なのかも合わせて紹介していければいいなと思っておりますのでご覧ください。

マギってどんな漫画?

マギの打ち切り理由について詳しくお伝えする前に「マギってどんな漫画?」と気になっている方もいらっしゃるかも知れませんので紹介していきます。

マギの作者は「すもももももも~地上最強のヨメ~」「オリエント」などの数々のヒット作を手掛けている大高忍さんです。

冒険少年漫画として「週刊少年サンデー」で掲載が2009年から開始され、アニメ化になるほどの人気漫画。

主人公である魔法が使える少年の「アラジン」が、友達の「アリババ」と冒険をしていく中で、様々な困難に立ち向かっていく物語になっています。

ダンジョンに行ったり魔人や精霊などが登場するアラビアナイトがモチーフの内容なので、冒険が好きな読者にはたまらないワクワク感が詰まっているファンタジー作品です。

マギな打ち切り理由とは?原作との違いが原因?!

マギは長期連載されていた人気漫画として「週刊少年サンデー」で愛されており、多くの読者やファンからアニメ化への期待が高まっていたようです。

期待されていた「マギ」のアニメが放送されたのは、

  • 1期 2012年(全25話)
  • 2期 2013年(全25話)

として放送され、瞬く間に人気作品として注目を集めました。

マギのアニメが放送されている間も「週刊少年サンデー」では、マギの漫画が連載されていたため、アニメ3期も今後放送されると期待されていました。

しかし、公式からの発表もなく「アニメ3期については打ち切りなのでは?」と視聴者やファンからの声が多く上がっていたようです。

原作とアニメでの違いがマギの打ち切り理由として挙げられていたようですね。

漫画とアニメでのストーリーの違いは、アニメのように決められた時間の中で放送するには、どうしても内容を厳選する必要があるためのようです。

これはアニメ化になる場合によくある話で、人気アニメとして長年愛されている作品の中にも原作と違うものは多く存在しています。

マギの場合は、ストーリーや展開が原作とは大きく変わってしまっていたことで「愛がない」「全く違う作品」「アニメひどい」など、ファンの反応は悪かったようです。

マギ打ち切りの理由は、原作とアニメの内容が違い「アニメひどい」などの声が広がったことによるものなのではないでしょうか。

アニメ・マギの最終回がひどい!?理由6選と3期制作の可能性について調査!

アニメ「マギ」の打ち切り理由が噂されている中で、最終回に関する残念な声がネットやSNSで多く見られますが、実際はどうなのでしょうか。

原作とは違い、アニメの方は伏線が回収されずスピード展開だったところもあるようなので調査してみました。

さらに、アニメ終盤になるにつれてイラストが雑になり、登場人物の見分けがつかないなどの作者への声も見られました。

マギの打ち切り理由と最終回がひどいとの噂の真相や3期の放送についても触れていきます。

理由①登場人物の見分けがつかない

マギの打ち切りの理由として、話が後半にいくにつれて描かれている登場人物も増え、認識しずらく見分けがつかないことが上がっています。

すでに登場しているキャラクターの数がかなり多く、この先どこまでキャラクターが増えるのか想像ができないほどだったようですね。

ファンからは「後半のイラストが雑なのでは?」「登場人物が似ている」「登場人物が多すぎる」などの声が上がっていました。

これまで楽しみに作品を見ていたファンからは作者へ、最終回までしっかりと描いてほしかったと厳しいコメントもありました。

そんなことから「アニメひどい」や「3期はやるの?」など声が集まり、マギの打ち切り理由の1つになってしまったのではないでしょうか。

理由②不要なギャグシーン

マギの打ち切りの理由は「不要なギャグシーンが多い」「ギャグシーンより伏線回収して欲しかった」などの残念な声が作者に影響しているのではないでしょうか。

最終回のダビデとシンドバッドが最後の戦いを終えた後に、主人公である「アリババ」がヒロインである「モルジアナ」にプロポーズするシーンがあります。

ファンが楽しみに期待していたシーンではあったのですが、モルジアナはアリババからのプロポーズを「ごめんなさい」と断り、アリババがショックを受け白目になってしまいました。

これは、アリババとモルジアナのギャグシーンとして作者が描いたもので、後にアリババとモルジアナが仲良く結婚式の準備をしているシーンが描かれていました。

アリババがプロポーズしたのをモルジアナが一度断ったのに、結婚式の準備をしているのに疑問を感じたファンからは、このギャグシーンは残念な印象になってしまったようなのです。

他のファンからも「ギャグシーンを描くよりも伏線を回収して欲しい」などの意見も多く寄せられていました。

理由③途中からのスピード展開に

マギが最終回に向かうにつれて、ファンの間では「展開が早すぎる」「伏線回収どこまでされるの?」などの声が上がっていたようです。

最終回が近くなるにつれて、どこまで伏線が回収されるのかワクワクしていた方も多かったようですね。

しかし、伏線が回収されるどころか途中から話の展開が早くなり、話を理解するのに時間がかかったとのコメントもありました。

原作とは違い、アニメは限られた時間での放送なので、話がスピード展開になってしまうのは仕方ないものなのかもしれませんが、原作ファンからしたら少し悲しいですね。

理由④回収されない伏線の多さ

マギの打ち切りの理由として噂のひとつに「回収されない伏線が多い」ことが挙げられていました。

最終回でこれまでの伏線がどこまで回収されるのかを期待し回収されるのを望んでいた方が多かったのに対して、最終回なのに回収されていない伏線が多く残念な評価だったようです。

これには楽しみにしていたファンからも「アニメひどい」「最終回が残念」などの不満の声が多く集まる結果でした。

マギは長期連載されるほどの人気作品だったこともあり、ファンからの期待もかなり高くなっていたのではないでしょうか。

回収しきれていない伏線の多さから、3期への期待が少なくなりマギ打ち切りの理由になってしまった可能性はあるのかもしれませんね。

理由⑤シンドバッドとダビデの決着に不満

マギの打ち切り理由には、最終回の内容である「ダビデとシンドバッドの最後」に納得がいかないファンも多かったことも原因にあるようです。

最終回では、これまで黒幕として登場してきたダビデと、シンドバッドの最後の戦いに決着がつく内容なのですが「期待しすぎた」「不自然」などの声が上がってしまったようですね。

戦いと言われるとバトルなどのイメージがあり期待していたファンも多くいたようなのですが、最終回では期待していたものとは違い「話し合いで決着」しました。

ダビデとシンドバットの最後を楽しみで期待していたファンは、期待しすぎてしまい残念に感じたとのコメントもありました。

理由⑥原作と違いすぎるスケール

マギの打ち切りの理由として「原作と違いすぎるスケール」でファンが離れてしまったからとも言われています。

マギは「少年漫画」であり「冒険ファンタジー」として、魔法を使える少年の冒険ストーリーが描かれていました。

話の序盤では、主人公の少年が仲間と冒険していく様子が描かれていたのですが、話がだんだん進むにつれて内容やスケールが大きくなっていきます。

最初は、冒険ファンタジーのような内容だったのに、最終的には軍や政治などに関する内容が入り難しくなりました。

最初とは違うスケールの大きさだったのに、最終回はファンが期待していたよりも伏線が回収されずあっさりとした内容だったため「アニメひどい」などと言われてしまっていたようですね。

このようなファンからの残念な評価が、3期まで放送されずマギ打ち切りの理由として上がってしまっているのではないでしょうか。

マギの3期作成の可能性はある?調査結果は!?

マギの打ち切り理由が噂になっていますが、このままマギ3期は制作されずに放送されないままなのでしょうか。

調べてみると現在も、マギ3期に関する情報は公式からも発表されておらず、マギ打ち切りの可能性が高いようですね。

しかし、2期の時点でもまだまだ伏線が回収されていない箇所があるため、ファンの強い要望と声が多く集まれば3期制作の可能性もあるのではないでしょうか。

2022年にはファンも大歓喜の「マギ」がアニメや漫画以外に、ミュージカルになっての登場が発表されました。

まだまだ高い人気を誇っている作品なので、今後も公式からの発表には注目することをおすすめします。

マギ最終回は残念な結果に!3期の可能性は低いかも!?

マギの打ち切りの理由についてここまで詳しくお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

マギの打ち切りの理由としては、原作とアニメでの内容の違いや伏線が回収しきれていないことから、残念な声が多く集まったことによるものなのではないでしょうか。

作者が作品に込めた想いと、ファンが求める話の終わり方の両方を叶えるのはとても難易度が高く難しいことといえます。

原作では描けていたものが、アニメとなると放送できる時間などが限られているため、どうしても割愛しなくてはならない制作側の事情もあるかもしれません。

とはいえ、原作・アニメそれぞれに面白さがあるため、「違い」を見つけながら楽しむのもひとつの鑑賞の仕方です。

ぜひ「マギ」作品を楽しんでみてはいかがでしょうか。