【顔画像】鈴木雅之の素顔を大公開!常にサングラスをかける理由がヤバい!?

未分類

1986年にソロデビューをしてから山下達郎さんや小田和正さんなどの著名なアーティストとコラボし、自身の人気を高めてきた鈴木雅之さん。

1991年にはベスト盤の「MARTINI」をリリースしオリコン初登場1位を獲得、同年には紅白歌合戦に初登場し、デビュー曲「ガラス越しに消えた夏」を熱唱しました。

その後もシングル「違う、そうじゃない」やベスト盤「MARTINI II」をリリース、2000年代には「ラブソングの帝王」と呼ばれるほど人気を博しました。

そんな鈴木雅之さんですが、素顔について騒がれているようです。

また、サングラスをかけている理由やエピソードも話題になっているとのことです。

今回は鈴木雅之さんの素顔やサングラスをかけている理由、若い頃や現在についてなど詳しく解説していきます!

鈴木雅之の素顔がギャップ全開!?サングラスなしの理由がヤバい?

これまで数々の楽曲をリリースし様々な人から人気を得てきた鈴木雅之さん。

そんな鈴木雅之さんの素顔は一体どのようになっているのでしょうか?

常時サングラスをかけている鈴木雅之さんの素顔は想像できませんし、気になっている方も多いと思います。

ここでは、鈴木雅之さんのプロフィールや素顔について解説していきたいと思います!

鈴木雅之のプロフィールはこちら!

鈴木雅之さんは1956年9月22日生まれ、現在67歳の歌手です。

出身は東京都大田区で幼少期は内気だったそう。

あまり現在の見た目からは想像があまりつかないのではないでしょうか。

1980年にシャネルズ(現在のラッツ&スター)でシングル「ランナウェイ」を発売しデビューしました。

楽曲のひとつ「め組のひと」は1983年に発売され、当時も話題になりましたが、2010年に倖田來未さんによりカバー、また2018年にはTikTok内で音源が使用されリバイバルヒットしました。

そして、1986年にはシングル「ガラス越しに消えた夏」でソロデビューを果たしました。

同じくソロ楽曲である1994年発売の「違う、そうじゃない」も2022年にYouTubeに動画をアップし、若い世代を中心に再注目されることになりました。

近年はアニメの主題歌をつとめるなど、幅広く活躍しているようです。

鈴木雅之の素顔が意外過ぎる!?

こちらが鈴木雅之さんの素顔の画像となります。

なんでもプロデビュー前からサングラスを付けているとのことでした。

少し強面のイメージの鈴木雅之さんですが、サングラスを外すと優しそうな顔をしていますね。

鈴木雅之のサングラスなしの顔画像はレア!?

鈴木雅之さんの素顔の画像はほとんど見つかりませんでした。

こちらはシャネルズ時代のメイク画像ですが、男前ですね。

こんなに男前なのになぜ素顔を隠しているのでしょうか?

その理由についてはこの後詳しく解説します。

鈴木雅之が常にサングラスをする理由は!?サングラスエピソードが意外過ぎ!

ここまでは、鈴木雅之さんのプロフィールや素顔について解説しました。

鈴木雅之さんは1980年にシャネルズのメンバーとしてデビュー、その後1986年にはソロデビューし、プロになる前からサングラスをかけており、素顔は貴重だと分かりました。

ここからは、鈴木雅之さんがサングラスをする理由やエピソードについて解説していきたいと思います!

エピソード①体の一部と公表!?

鈴木雅之さんは2016年にトーク番組「A-studio」に出演した際にサングラスをする理由を語っています

夜にサングラスをかけ躓いたエピソードについて聞かれると「サングラスがないと不安、体の一部だから」と答えたそうです。

また、深夜に人に会う時にもサングラスをしていないと不安なんだそうです。

エピソード②プールの中でもサングラス!?

鈴木雅之さんは2023年に情報番組「ノンストップ!」出演した際にタレントの千秋さんと共演しました。

鈴木雅之さんと千秋さんは30年以上の付き合いがあるそうで、千秋さんは1度も鈴木雅之さんの素顔を見たことがなかったとのことでした。

急に楽屋に入ったり、プールに入っている際に素顔を確認しようとしたがサングラスをかけていたそうで確認できなかったそうです。

エピソード③芸能人にもいじられる!?

俳優の谷原章介さんが情報番組「めざまし8」での発言が話題になったようです。

コロナ禍により長くマスク着用が義務づけられていましたが、2023年3月13日からマスク着用は個人の判断に委ねられることになりました。

その際谷原章介さんは「マスクには慣れてしまって鈴木雅之さんのサングラスのようになった」と発言してネット上では「一緒にするな」など辛辣なコメントがみられたそうです。

エピソード④サングラスの影響でケンカ最強!?

鈴木雅之さんは芸能界でケンカ最強と噂されているようです。

ラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」にて岡村隆史さんが鈴木雅之さんと話したことを語っていました。

岡村隆史さんは「喧嘩強いですよね」と鈴木雅之さんに聞くと「そうでもない」と言いながらもサングラス越しにニヤっとされた後に力強く握手され、さらにケンカ最強説が強まったとのことでした。

鈴木雅之の若い頃が超意外!?年齢順に現在まで調査!

ここまでは、鈴木雅之さんがサングラスをする理由やエピソードについて解説しました。

鈴木雅之さんはサングラスがないと不安だということやプールの中でもサングラスをつけていること、また他芸能人にいじられたり、ケンカ最強とされていました。

ここからは年代別に鈴木雅之さんを紹介します。

上記画像は10代の学生の頃で不良グループに所属して喧嘩や暴走行為などをしていて、かなりのワルだったとのことです。

ちなみに左隣の人はラッツ&スターメンバーの田代まさしさんです。

上記画像は20代シャネルズデビュー当時の「ランナウェイ」のジャケット画像です。

黒塗りに口ひげ姿は今でもシャネルズ(現:ラッツ&スター)のトレードマークの一つではないっでしょうか。

上記画像は30代ソロデビュー当時の「ガラス越しに消えた夏」のジャケット画像です。

上記画像は40代の頃のツアー「Taste of MARTINI 2000 “MEDIUM SLOW”」の画像です。

上記画像は50代当時に発売したシングル「十三夜」のジャケット画像です。

上記画像は60代に発売したシングル「ラブ・ドラマティック」のジャケット画像です。

そして現在発売したアルバム「SOUL NAVIGATION」のジャケット画像です。

どの年代もかっこよく、段々と渋さも増しています。

とはいえ、30代以降見た目に変わりがなく現在も若々しく見えますよね。

鈴木雅之はサングラスなしの画像が少ない、サングラスは体の一部

鈴木雅之さんの素顔やサングラスをかけている理由、若い頃や現在についてなど解説しました。

鈴木雅之さんはプロになる前からサングラスをかけており、主につけてないと不安といったことからサングラスを着用して素顔を見せないということが分かりました。

また、深夜に躓いたりやプールに入っていてもサングラスを外さずに他の芸能人からいじられたり、ケンカが最強だと噂されていることも分かりました。

そんな鈴木雅之さんですが、現在もソロのアーティストとしてテレビやライブで活躍をされており、シングルやアルバムも出し続けています。

鈴木雅之さんの今後の動向が気になる方は公式ホームページや公式SNSなど是非チェックしてみてください!