【フィジーク】”勝つため”のサーフパンツ選びで重視すべきポイントについて徹底解説します!

サーフパンツ 筋トレ



こんにちは!

この記事ではフィジークのコンテストで”勝つため”のサーフパンツ選びで重視すべきポイントについて解説していきます。

フィジークのコンテストでは、サーフパンツを着用します。

そのサーフパンツは、ある程度の決まりはあるものの、どのブランドのどんな色のサーフパンツを着用するかは、選手に委ねられております。

なので、サーフパンツ選びも大会で勝ち抜くには非常に大切な要素の一つとなるのです。

そこで、この記事では、

・どんなサーフパンツなら勝てる?
・筋肉に映えやすい配色は?
・冬場でもサーフパンツは買える?

a
こういったことについてまとめましたので、これからコンテストを控えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

REVOPRO

【カネキンも愛用】卵のプロが作った”REVOPRO”のエッグホワイトプロテインについて徹底解説!

フィジークのコンテストで着用するサーフパンツ選びで重視すべきポイント!

① サーフパンツの色

フィジーク
(※fwj.jpより引用)

a
フィジークという競技は、”海が似合う男”をコンセプトとしている為、夏の海を連想させる青色が人気です。

近年では、赤色オレンジなど、より派手な色を選ぶ選手も増えてきてます。
その年の流行りの色もあるようですね。

色については、個人の好みもありますが、無難に選ぶとしたら基本的に明るい色がベターです。

また、色を選ぶポイントとして、ウエスト部分の色も大切です。

フィジーク

a
ウエスト部分の色が、白に近い色だと太く見えやすくなってしまいます。

黒に近い色の方が、よりウエストをシュッと見せる効果があるので、ウエスト部分の配色にも気を使って選んでみてください。

② サーフパンツのサイズ感

フィジーク
(※jbbf.jpより引用)

a
サーフパンツの特徴として、裾部分が広く作られておりますが、足の幅に合わせたサイズのサーフパンツを選びたいところです。

なので、できる限りピチピチのサイズ感の方が、体全体がピシッとして、より筋肉を際立てやすいシルエットになります。

ウエストについても、サイズが合っていないとダボっとして不恰好に見えてしまいます。

丈の長さは、膝上あたりにくるのが望ましいです。
膝より下まであると、足が短く見えてしまい、体のバランス全体も悪く見えてしまいます。

佐藤正悟選手
(※fwj.jpより引用)

a
フィジークにおいては、あくまで上半身の筋肉のバランスが審査されますが、体全体のバランスがよく見えてないと、上半身のバランスも悪く見えてしまいます。

✔︎ 結論、いつも履いているサイズより、ワンサイズ小さめのサーフパンツをチョイスするべきです!

a
また、競泳選手が着用するようなスイムスーツは不可なので、注意してください。
あくまで、夏に海やプールなどで着用するサーフパンツになります。

③ よく着用されるサーフパンツのブランド

サーフパンツ
(※wowma.jpより引用)

a
サーフパンツのブランドはたくさんありますが、フィジークの選手が着用しているブランドはある程度絞られます。

その中で、このブランドを選んでおけば間違いない!というブランドをいくつかご紹介します。

ただ、これらのブランドは、他の選手と被る可能性があるので、それが嫌な人は別のブランドを探してみるのもありです。

Hurley(ハーレー)

<価格帯・おすすめポイント>
・3000円〜10000円
・良心的な価格、スポーツ用品店であればほぼ確実に手に入る

a

DARC SPORT(ダルクスポーツ)

<価格帯・おすすめポイント>
・10000円〜20000円
・日本のみならず海外のトップフィジーカーが着用するブランド

a

CHULA WEAR(チュラウェア)

<価格帯・おすすめポイント>
・12000円〜25000円
・オリンピア出場者も着用する王道のサーフパンツブランド

a
サーフパンツ

(※私もチュラウェアのサーフパンツを着用しておりました。)

VISSLA(ビスラ)

<価格帯・おすすめポイント>
・6000円〜10000円
・比較的購入しやすい価格設定、色のバリエーションが豊富

a

CRONOS(クロノス)

<価格帯・おすすめポイント>
・12000円〜15000円
・LYFTと並ぶ日本の二大フィットネスブランドの一つ

a
『CRONOS』の公式サイトはこちら

8月のTOKYO PROで優勝した湯浅さんもCRONOSを着用しておりました!

CRONOS
(※cronos-fit.comより引用)

LYFT(リフト)

<価格帯・おすすめポイント>
・12000円〜17000円
・CRONOSと並ぶ日本の二大フィットネスブランドの一つ

a
『LYFT』の公式サイトはこちら

2021年12月に行われた『ワールドレジェンドクラシック』のオーバーオールで優勝した、ぷろたんさんもLYFTのパンツを着用しておりました!

LYFT
(※YouTube”ぷろたん日記”より引用)

④ 冬のシーズンでもサーフパンツは購入できるのか?

冬

a
結論、冬の時期にサーフパンツを調達するのはなかなか難しいです。

実際に行ってみると分かりますが、ムラスポやアルペンなどのスポーツ用品店に行っても、夏のシーズンでない限り、水着・サーフパンツは売られておりません。

なので、この時期のコンテスト直前にサーフパンツを用意しようとしても、手に入らない可能性もあるので、予め準備しておくことが大切です。

探せば、冬の時期でも実店舗で水着を販売しているところもありますが、数はかなり限られております。

他の購入経路として、試着はできませんが、メルカリなどであれば年中売られております。
私も、メルカリでギリギリで用意することができました。

✔︎ 特に大会初出場者は、サーフパンツの準備期間にも注意を!

まとめ:フィジークで勝つために、サーフパンツ選びにもこだわりを!

フィジーク

a
フィジークのコンテストでより上位を狙うには、サーフパンツ選びにもこだわりを持つことが非常に大切です。

せっかく仕上げた筋肉があるのに、ブカブカの不恰好なサーフパンツを履いていては、なかなか評価されません。

より筋肉のバランスを際立てる為にも、ウエストや丈などのサイズ感・目を引く配色などのポイントをおさえた上で、サーフパンツを選びましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました!